FC2ブログ

list クルレンツィス体験

クルレンツィスを体験した。

聴きに行った、というより「体験した」という表現の方がしっくりくる。
演奏の録画などを見てある程度は予習はしていたが衝撃的な体験だった。

今回は彼らにとって初来日。東京で3公演、大阪で1公演。
ボクは当然最終日の大阪を聴いたのだが、先行予約のチケットが抽選だった。きっと良い席はすべて抽選で割り振られたのだと思う。もちろん席の希望は出来ない。いつもは2階のバルコニーばかりだが、この日は1階の下手寄り前から14列目。
プログラムはチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲と「悲愴」で、どちらもCDで話題になった曲。しかもソリストも同じくパトリツィア・コパチンスカヤだからチケットが抽選というのも肯ける(笑)。
東京3公演後の感想は、音楽ファンのツィッターで伺い知る。毎回終演直後からタイムラインは「クルレンツィス」で埋め尽くされ、予想通り賛否両論で湧き上がっていた。

IMG_3929.jpg Kopadch.jpg

フェスティバルホール。
いよいよ開演を迎え、オーケストラの団員たちがステージに現れる。皆さんにこやかで、客席を興味深げに見渡している。知り合いでも見つけようものなら手でも振りそうな雰囲気だ(笑)。ステージ衣装は上下黒なのは統一されているが、男性は結構自由で、きっと「上は黒のジャケット、下は黒なら何でもOK」くらいのユルいルールなんだと思う。ジャケットの素材もまちまちでコール天の人も居たし、下は黒のスリムジーンズのような人も結構居た。白シャツに黒のスリムタイで辛うじて統一感を保っている感じ(笑)。
そして指揮者とソリスト登場。これもたいてい日本では下手(ステージ向かって左)から登場だが、上手から登場。クルレンツィスは黒のスキニーパンツにブーツ、上は黒のダボシャツ(民族衣装?)、コパチンスカヤもラフなパンツルックで赤いスリッパ。演奏時は裸足に。どれをとっても自由度が高い。これが彼らのスタイルなんだろう。
しかし、演奏が始まるや否や一瞬にして彼らの世界に引きずり込まれる。
コパチンスカヤのヴァイオリンは最弱音から最強音まで途轍もなくダイナミックレンジが広く、あの難曲を隅々まで「自分語」で語り尽くす。それは自由奔放で解放感に満ち満ちていた。自分に与えられたステージ上のスペースを目一杯動き回り、時には足を踏みならし、指揮者を見つめ、楽譜(譜面台を立てていた)に挑みかかるような仕草。まさに彼女のワンマンショー。まるでポップスターのライヴ!彼女をフォローするクルレンツィスもオーケストラも実に楽しそうで、絶妙で完璧な一体感が生まれている。うーん、これこそ生きた音楽の生みだされる現場。並のクラシック演奏会では中々味わえない生々しいライヴ感に客席は完全に圧倒された。

クルレンツィスはそんな出で立ちだし、事前のイメージでは相当のナルシストなのかと思っていたが、それはただのイメージに過ぎなかったようだ。きっとたっぷりと時間をかけてみっちりリハーサルを繰り返してきたはずなのに、本番での指揮は細部にわたるまで細かく、身振り手振りは形振り構わないようなアクション。それには悦に入ったようなナルシズムは微塵もなく、むしろ見ていてかっこ悪いほどだった(笑)。音楽作りに没入しているのだろうし、それに必死で応えようとしているオーケストラは一人の例外なく真剣で、クルレンツィスの創ろうとしている音楽、いや自分たちの目指そうとする音楽に一直線。

それをより痛感したのが後半の「悲愴」だった。
後半はチェロや金管楽器の一部以外は全員立って演奏。これも彼らのスタイルだ。立っているからなおさら、コパチンスカヤ程ではないにせよ、皆さん思い思いアクションが激しい(笑)。コンサートマスターや対面配置の第2ヴァイオリンのトップなどは動き回ってパート全体をまとめる大立ち回り。トランペットなどは出番になると立ち上がって吹くのだが、その様がまるでジャズのビックバンドを見てるようで新鮮だった(笑)。とにかく各楽器の醸す熱量がスゴい。最弱音から爆発まで表現の幅が広い。管楽器群はとにかく歌う歌う!クルレンツィスの音楽創りは実に緻密で細部に渡って計算され尽くされているようだ。それはオーケストラにも十分に浸透していて、スキなくそれを表現しようと妥協がない。チャイコフスキーがこの曲に求めたダイナミクス(ppppppからffffまで)を見事に対比させた。前半聴いたコパチンスカヤの音楽と同期するのは、目指す音楽が同じだからだろう。

「悲愴」は終曲部分、消えゆくように終わるが、何度聴いても拍手をするタイミングが難しい曲の一つだ。この日も、いきなり無神経なテロリストに「ブラボーっ!」とやられてしまうのか、、、と覚悟していたが、さにあらず。クルレンツィスが手を降ろさなかったこともあるが、驚くことに異例とも言える長い長い静寂が続いた。その時間、1分?2分? ようやくクルレンツィスが手を降ろしてもなお大喝采に襲われるには一呼吸あった。最後の沈黙までが曲の内とするなら、会場全体が彼らと一緒に音楽を創り上げたのだ。ステージと客席がバランス良く一体となる体験こそ稀だ。そのチカラが彼らにあった証だろう。

カーテンコールで、指揮者と一緒に毎回オーケストラ全員がお辞儀をする。指揮者の出入りに関係なく、ステージ上で何度も楽員同士が握手しハグしあう。・・・他では見たことない光景。

クルレンツィスと彼が作ったオーケストラ「ムジカエテルナ」だが、指揮者に支配されているのではない。クルレンツィスとオーケストラは互いのリスペクトの上に成り立っている。そして、楽曲へのリスペクトを共有するそのアプローチに誤魔化しはない。だから時間に制約を設けず、納得のいくまで濃密なリハーサルを重ねる。通常のオーケストラではそこまで出来ないのが現実だろう。
明らかにこの両者の存在は楽壇に一大旋風を巻き起こしている。モスクワから1400キロも離れた地方都市ペルミが彼らの本拠だ。「音楽で地方創生」と誰かが書いていたが、今後どう進化するのだろう?目が離せない存在だ。

一陣の風が日本を吹き抜けた。
それに立ち会うことが出来た。








スポンサーサイト
【2019/02/20 16:05】 音楽 | track back(0) | comment(0) |

list 「平らに成す」時代の終わり

新年明けましておめでとうございます。

「いのしし年」は自分の干支。誕生年から数えて6度目の年周り。
『干支』(えと、もしくは、かんし)というのは、そもそも十干と十二支を組み合わせて「60」が一周期。従って今年60年目は、ついに誕生年に回帰する「還暦」というワケだ。長寿を祝う「年祝い」はこの還暦に始まり、古希、喜寿、米寿、白寿と続く。長寿の仲間入りとは、、、思えば遠くに来たもんだが、これといって社会の役にも立たず、ボーッと生きてるようでは、例の5歳児に叱られるのは間違いない。いかんね(笑)。

年末年始はいつも休まず営業のため、例によって、録画した年末年始のテレビ番組をここ数日かけてようやく見終えた。大晦日、紅白の裏番組「クラシック音楽ハイライト」は毎年欠かさず見るが「平成の30年間」をキーワードにしたコーナーが印象的だった。指揮者の存在が以前の専制君主的キャラから、「平らかに成す」民主的なリーダーキャラが求められた時代に、、、なるほど。しかし今後は、また「強い個性」や「強いカリスマ」を求める風潮が強まるだろう、という予言、、、これには、期待も込めて同感した。

それをズバリ予感させるのが、テオドール・クルレンツィス(指揮者)の存在だ。

293559.jpg

1972年ギリシャ生まれの46歳だが、突然現れた感が強い。風貌もまるでロックスターのようだ。
しかも彼は、ヨーロッパの中心ではなく、モスクワから1400キロも離れたロシアの地方都市(ペルミ)で、自分のオーケストラ&合唱団(ムジカ・エテルナ)を作って「自分の(自分たちの)理想形をとことん具現化するスタイル」を究めている。まあ指揮者なら誰しも同じ思いで自分独自の音楽作りをしたいのだろうが、既存のオーケストラに招かれて指揮しても、数日のリハーサルではどうしても完成度の高さには限界があるし、オーケストラと波風立てず良好な関係性を保つことに注力してしまうと「平らかに成す」無難なパフォーマンスで終わる傾向も強くなる。それが不満なら、自分と志の合う楽員を集めた自分理想のオーケストラを組織すればその悩みがなくなるのだろうが、高レベルのプレーヤーを揃える苦労や経営面も含め成功している例は少ない。
しかし、だ。
クルレンツィスとムジカ・エテルナのコンビはここ数年で立て続けにリリースした録音の数々で世界中を完全に圧倒した。先ずは、モーツァルトのオペラを3連発。「フィガロの結婚」「コジ・ファン・トゥッテ」「ドン・ジョバンニ」 そして一昨年のチャイコフスキー「悲愴」ではレコードアカデミー大賞(レコード芸術誌が選ぶ年間最優秀ディスク)を受賞。さらに大賞に次ぐ銀賞も「ドン・ジョバンニ」で獲得! と、思いきや、何と翌年(昨年)も「マーラー6番」で2年連続の大賞に選ばれるという快挙。今、音楽界はこのコンビ一色に染められていると言って過言ではない。
特に、昨年秋にリリースされたばかりのこのマーラー6番には、ボク自身完全にノックアウトされた。図らずも?同時期にリリースされた同じ曲、ラトル・ベルリンフィルのラストコンサートが全く霞んでしまった。まあ、片や入念に作り込まれたスタジオ録音と一発勝負のライヴ演奏で違いはあるものの、オーケストラ能力の高さが際立ち、表現力は驚異的水準だ。ムジカ・エテルナ恐るべしの一言。いや、それを引き出すクルレンツィスの才能が恐るべしだろう。
今後、新しい録音が出る度に注目され、我々をワクワクさせてくれることは間違いなさそうだ。特にマーラーに関しては、これまでの履歴を全て書き換えてくれそうで、こんなにも気持ちが高ぶるのは久しぶりだ。

crmah06.jpg

下の映像は「フィガロの結婚」の録音風景を収めている。
何と11日間もペルミの歌劇場を閉鎖して、昼夜を問わず全員が納得のいくまで演奏を掘り下げたということだ。見てわかるように、チェロなど座らざるを得ない奏者以外は全員立って演奏している。これも彼らこだわりのスタイルでとても新鮮。



そして、ついに来月にはこのコンビが初めて日本にやってくる。
抽選で売り出された大阪公演のチケットが運良く当たった。演目は例の「悲愴」!
新しい時代の始まりを実感したい。


彼らの成功例は単に音楽の世界に留まらない。
確かな才能とそれが作り出す作品が圧倒的な魅力に溢れているのなら、場所が何処であろうと人を惹きつける。都会で無ければ成功しない、というのは既に幻想だ。
魅力に惹かれたら、どんなに遠くても、どんなに不便でも「わざわざ」出かけてそれを確かめようとする人の動きは、もう珍しくない。

明らかに「モノサシ」は変わって来た。
「平らに成す」時代が終焉を迎える。





【2019/01/08 22:46】 近況 | track back(0) | comment(0) |

list やはり、サー・サイモンはスゴかった

前回書いたとおり、サイモン・ラトル指揮ロンドン交響楽団を聴いて来た。

IMG_3073.jpg

ラトルは、この6月に16年間勤めた世界最高峰のオーケストラ(ベルリンフィル)の総帥を退任したばかり。年齢的にはまだ63歳だから、まだまだその地位に留まり続けることは充分可能だっただろう。
しかし退任するにあたって制作されたドキュメンタリーの中で彼はこう言っていた。

「自分が80歳になったとき娘はまだ21歳。それまで長生きしたい。この先自分の音楽キャリアをここで続けていくことを考えたらそれはしんどい」と。

それは、ベルリンフィルとの仕事がいかに神経をすり減らす仕事かということを物語っている。今回、有料のプログラムブックにあったある方の寄稿文を読んでその一端を知った。実は、端で見ている以上に葛藤の連続だったという。このオーケストラは客演指揮者には優しいが常任指揮者には厳しいとか。まあ、お客さんには甘く、身内には厳しいのは道理だろう。少しの指示やフレーズの解釈にも、従順に従うことは無く、常に議論して全員が納得しないと前に進まないという。それはなかり高次元な芸術的探求姿勢の表れであるのだろうが、リハーサルの半分近くを議論や説得に費やすというのは確かにしんどい。ドキュメンタリーの中でラトルはジョーク混じりにこうも語った。

「私が辞めて、今後再び客演するときは、みんな私の言うとおりに弾いてくれるでしょう」と。

IMG_3098.jpg

数年前、佐渡裕が始めてベルリンフィルの指揮台に立ったとき、世界一の天才集団、と言っていたが、世界一自我が強い音楽家集団とも言える。カラヤンが圧倒的支配力で絶対服従を強いて君臨した時代は過ぎた。カラヤン亡き後、後任に指名されたクラウディオ・アバドが、楽員一人一人の自主性を尊重する音楽作りを進めたことも、自我意識に目覚めさせた要因かもしれない。そして、アバドの後任に楽団の総意で迎えられたのがラトルだ。楽員たちは、次のステージに向かう可能性をラトルに託した。ラトルは着任時「21世紀のオーケストラを目指そう」とその指針を告げたそうだ。言葉通り、数々の新しい試みを打ち出し改革も進めた。カラヤンやアバド時代以上に超高機能かつ超柔軟なウルトラスーパーオーケストラになったのもそれらの挑戦が成功した証だろう。「ドイツ的」なテイストが薄れ、ユニバーサルなオーケストラに感じるのも、イギリス人の持つ感性の結実なのかも知れない。16年間の成果は誰の目にも明かだろう。

そんなラトルが、次のフィールドに自国の名門・ロンドン交響楽団を選んだのも興味深い。逆に考えれば、ロンドン響が自国が生んだ世界一のマエストロを放っておくハズがないともいえる。クセが凄いドイツ人より、気心通じる自国人なら意思疎通に苦心することもないだろう。

お目当てのマーラー9番は圧巻!まさに予想通り、いやそれを超えた素晴らしい演奏だった。
曲の冒頭から最後の静寂まで、全てラトルが思う通りに「語り尽くした」歴史的な名演。細かいフレーズはもちろん、休符までもディテールを損なわず、ムダな主張は一切無く、大音量のトゥッティですら計算され尽くされていた。ベルリンフィルに劣らぬ管楽器トップ陣の変幻自在な存在感は超一級品で、これこそ現代で聴くことが出来る最高峰のマーラー9だと確信した。聴き終えて一週間近く経った今でも興奮が覚めていない。

ベルリンでの16年の「鍛錬」が、就任1年目のロンドン響で大爆発している。
残念ながらベルリンフィルとの実演は一度も聴くことが出来なかったが、ロンドン響との今後は決して聴き逃してはなるまい。
やはり、サー・サイモン・ラトルはタダ者ではなかった。

IMG_3075.jpg

この日の大阪が来日初日。その後東京に移ったのだが、公演後の楽屋で、ロンドン響がどれだけ素晴らしいか興奮気味に語るマエストロの様子を知り合いの関係者から伝え聞いた。
ますますサー・サイモンから目が離せない。



【2018/09/28 20:58】 音楽 | track back(0) | comment(0) |

list 中毒の原点 (笑)

記録的な酷暑が未だ続く。

8月も気がつけばあと3日。
そろそろ秋を感じても良さそうだ。

こんな毎日だと中々ゆっくり音楽を聴く気にもなれないが、久しぶりにCDを何枚か買い込んだ。
届いたCDをパソコンにリッピングさせながら、何枚か視聴。


bernsta0021.jpg

今年はレナード・バーンスタイン(1918〜1990)の生誕100年。
今さら紹介するまでもないが、アメリカの生んだ大指揮者であり大作曲家。「ウエストサイド物語」の音楽を書いた人と言えば知らない人はいないだろう。
生誕100年ということで、今年は演奏会で彼の作品が多数取り上げられるようだ。
来月大阪で、ベルリンフィルの音楽監督を退任したばかりのサイモン・ラトルを聴く。母国の名門・ロンドン交響楽団を率いての来日となるが、ここでバーンスタインの交響曲第2番「不安の時代」を取り上げる。この曲はピアノ協奏曲的大曲で、ソリストはあのクリスティアン・ツィメルマン! さらにメインプログラムにはマーラーの9番という感涙必至のプログラム!(笑)
マーラーは予習の必要がないが(笑)、バーンスタイン作品には馴染みが薄い。来日記念盤としてベルリンフィル+ツィメルマンのCDも出たが、ここはやはり作曲者の自作自演盤から入るのが本筋。
そう思って探していると、何と10枚組2028円のセット物発見。少し古い録音だがニューヨークフィル時代の名演満載。もちろん「不安の時代」も収録されている。

IMG_2905.jpg

思えば、バーンスタイン指揮ニューヨークフィルの演奏の数々はボクの原点と言っても良い。
中学〜高校にかけてこのコンビに熱中した(当時はレコード)。特にこのセットに入っているマーラーの3番、4番の2曲こそが、「まさに」マーラー初体験だった。今では両曲とも色々な演奏家の演奏を聴き、そのライブラリーの数や数十枚、、、。深い深いマーラー中毒の原点はここだ(笑)。

改めて録音のデータをチェックしてみると「3番」が1961年、「4番」が1960年。ボクが1歳から2歳の時代(笑)。
ボクがマーラーを聴き始めた当時、全曲演奏しているのがバーンスタイン・ニューヨークフィル盤ぐらいで、図らずも「教科書」となった。しかし最初の体験というのはやはり恐ろしいものだ。演奏はもちろん圧倒的で、この2曲とも何度繰り返し聴いた事だろうか。3番の終楽章など何度涙したことか、、、。4番の終楽章のソプラノ独唱は、未だにこの「レリ・グリスト」の可憐な声がボクの中ではデフォルト。きっと永遠のデフォルトポジションだと思う。

やはり音楽はいい。
バーンスタインとニューヨークフィルは素晴らしい。
バーンスタインは後年ウィーンフィルを筆頭にヨーロッパのオケとも名演を残したけど、やはりニューヨーク時代の煥発たる鮮烈さが好きだな。

当時としたら、けして古くはないが、今となっては60年も前の演奏、、、。
そうだ、来年、拙者も還暦!(笑)。
思わず中毒の原点に触れて、己の浅はかな歴史を感じる残暑厳しき午後となった。





【2018/08/29 22:48】 音楽 | track back(0) | comment(0) |

list 夏枯れ

自慢できる話ではないけれど、毎年6月と7月はお客さんがぐーんと少ないのです。

元々、店に魅力がないのが一番の理由でしょうが、それにしても毎年決まって更にヒマになるのだから不思議です。地場産業の核となるのは「漁業」ですが、紅カニ漁や大型底曳き船の操業は、6月から8月末まで休漁期となります。ならば、普段海に出てる人たちが丘に戻って来るのだから街が一層賑やかになりそうなんだけど、中々そうはならない。普段は多忙を極め、息も抜けない漁船関係者や水産加工業関連の皆さんが「オフモード」になると、それに併せて一斉に慰安旅行や各種団体・組織の親睦旅行が組まれる。6月は毎週末「お出かけモード」なんです(笑)。そんなこんなで7月に入ると、今度は各地区「夏祭り」目白押し。
要するにこの2ヶ月は「物入り」なんですね。で、それに加えて、連日連夜この酷暑、、、。
自分勝手な「言い訳」ばかりこじつけて、6〜7月は早めの「夏枯れ」と腹をくくり、ガマンガマンの日々、、、。
早め、というのは、来月になると里帰りモードに切り替わり、寒村人口も一時急増加する日々を迎えるはず、きっと(笑)。都会のお店は「8月」落ち込むけど、その分田舎が盛り上がる、というワケです。

そんな皮算用をしながら、自転車操業は続きます。



話は変わりますが、、、

以前、ブログに少し書いたことがありますが、ボクは休みの日に外食するのを楽しみにしています。
楽しみとするのももちろんですが、外食業に関わる者のハシクレとして、外食業界に「お金を戻す」ことが一つの仁義と思っているからです。それが正しいとか、そうあらねばならぬとか言っているのではなく、あくまで自分の流儀にほかありません。この流儀を学ばせてくれたのは横浜での日々。歩いて行ける程度のけっして広くないエリアにBARも含め飲食店が星の数ほどある街。同業者たちはお互いもちろんライバルでもあるけれど、お互い触発し合い、一種の共同体のような同胞意識があった。休みの日には「檀家回り」と称してお互いの店に行ったり来たり、、新しく見つけたお店を紹介し合ったりもして、、、。今となっては、そんな感覚を懐かしく思います。今でもそんな不文律が廃れてなきゃいいけれど、、、。
自分的にはそれを忘れないためにも、気になるお店には出来るだけ行ってみたい。気に入ったお店には何度も足を運びたいものです。

まあ、現実には、行きたいお店が同じ定休日だったりすることが多くて残念なことも多いのですが、、、(笑)。


IMG_2625.jpg

この時期になると毎年決まってミントが枯れてしまいます。
「モヒート」の夏は早々と終わってしまいました。悪しからず。

そうそう、気に入った作品をゲットしました。
大好きな「カリラ」を描いた、BARにこそ相応しい水彩画です(笑)。

IMG_2619.jpg







【2018/07/19 21:56】 近況 | track back(0) | comment(0) |