list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list 金環日食目撃!

第3日曜、月曜の定休日を利用して久しぶりに大阪泊。
思いがけず金環日食を目撃した。
兵庫北部では部分日食しか見えず、大阪では完全に見えることももちろん知っていたが、そのために行くのではなかったので日食を見るための装備など一切せず(笑)「まあなんとかなるだろう」ぐらいのノリ。朝起きてテレビをつけたら既に実況中継が始まっていた。しかし各地天候がまちまちのようで、大阪上空も雨こそないが怪しい雲行き。ホテルの部屋は南向きで見えず外に出る。とりあえず、急ごしらえで厚紙にボールペンで1カ所穴を空けた物と、コンパクトデジカメを携えた。

7時22分。
ちょうど東の空に厚い雲があるらしく、たまに雲の切れ間からぱぁっと明るく陽が差し込むがとても不安定な様子。
しかし次の瞬間突然太陽が見え始めた。雲が上手くフィルターとなって肉眼でも平気そうだ。

RIMG0121.jpg

逆三日月状態の太陽が姿を見せ、周辺ドッと歓声に包まれる。
しかし「金環」状態になるまであと数分というところで、またもや分厚い雲に阻まれ姿を消してしまった。

RIMG0123.jpg

刻一刻と定刻7時30分が迫る。
と、次の瞬間っ!

RIMG0128_20120523205851.jpgRIMG0130.jpg
RIMG0132.jpgRIMG0134.jpg

「おおおーーーーっ!」

ブレないように夢中でシャッターを切る。
ほんの数秒のチャンス。くっきりとリング状の太陽を捉えた。

RIMG0128_20120523144603.jpg

フィルターもグラスも無いのに、雲のお陰で普通に肉眼で見れ、撮影も成功。
何というラッキー!
ココぞって時にいい仕事してくれたRICOH「CX6」にも感謝(笑)。オマエを連れてきてよかった、愛してるぞーっ!(笑)
何週間も前から準備したのに悪天候に阻まれた皆様、、、申し訳ございません(笑)。

次に大阪で見られるのは300年後。
歴史的瞬間に思いがけず立ち会えました。




でも、昔の人たちはこんな太陽を目撃したら何事かと思うわな、、、。
現代人は感動できてよかった。






スポンサーサイト
【2012/05/23 14:42】 時事問題 | track back(0) | comment(2) |

list 原発のこと

最近はFacebookにかかりきりで、日記の更新がままならない(笑)。
お店のFacebookページもあるのでそちらも含めてご覧頂きたい。こちら

しかしFacebookで友達から教えて頂く事も多く、自分として反省しなければならないことの多さを痛感している。例えば「原発問題」もそうだ。
日頃、原子力を使って作られた電力を当たり前のように使っているばかりで、原子力発電を推進してきたウラ側の話や、その実態、危うい現実等々には何も注目していない。昨年の大震災で福島第1原発が被災し、メルトダウンを起こした現実に直面して初めてその存在の恐ろしさを知るに至った。しかし、震災が起こるずっとずっと以前から、この発電所の安全管理や防災対策に警鐘を鳴らしていた人たちは多く、その人たちの声が我々にきちんと届いていなかったのは事実だろう。いや、何処かで発信されていたのにもかかわらず自分があまりに無頓着だったのかもしれない。
これまで日本政府(J民党政権)は兎にも角にも原発を推し進めてきた。建設地住民の反対に対してとにかく「安全だ」の一点張りで都合の悪いことは語らず語らせず、地元自治体に多額の「ご褒美」をぶら下げて扇動した。稼働後に起こった数々のトラブルもできる限り隠して「安全神話」にヒビが入らぬよう誤魔化して来た。しかし原子力は「臭い物にフタをする」幼稚で安直なお役所体質の手に負えるようなシロモノではない。匂いもない色もない目に見えないバケモノの怖さと真剣に向き合わず、ちゃちなフタして誤魔化そうとした浅はかなお役所仕事は、悲惨な事故という最悪のネタバレでこれまでの「大ウソ」が明るみになった。この期に及んでもまだウソでウソを塗り重ねるという往生際の悪さを露呈している。政権がM主党に変わったところで国家犯罪とも言えるその核心に何一つ切り込めていないことは落胆以外何ものもない。
以前、フィンランドが世界で初めて作った高レベル放射性廃棄物最終処分場「オンカロ」のことを書いたが、使用済みの核燃料は捨てられる状態にするまでまず約50年要する。その後何処かに埋めるにしても、生物に無害なレベルに達するまで10万年必要とか。どんどん生まれ出る放射性廃棄物を安全に処理するプロセスまできちんと考えず、安易に見切り発車して突っ走った原子力行政。我々が犯した最大の過ちではあるが、今悔い改めればキズは深くないのでは?

シロウトがぐだぐだ述べても仕方が無い。
次のリンクをぜひご覧頂いて少しでも原発の現状を把握して正しい認識を持ちたい。

平井憲夫氏記述 「原発がどんなものか知ってほしい」こちら


おまけに、ドイツZDFテレビ制作「フクシマの嘘」もどうぞ
日本のテレビ局では絶対作れない番組!








【2012/03/23 14:56】 時事問題 | track back(0) | comment(0) |

list さよなら豊劇

先日、映画館に行く楽しみが日常的でなくなった、、、と書いてしまったが申し訳ない書き方をしたと反省。何度かこの日記にも登場した「豊劇」(豊岡劇場)はお隣の豊岡市にある映画館。兵庫県北部では現存する唯一無二の映画館だ。しかし今月末でこの映画館も閉館となるらしい。その歴史たるや85年、、、。いよいよか、、、と言う思いは強い。それは、行くたびに他のお客の姿はほとんど無く、貸切状態で観ることも珍しくなかったからだ。
こんな田舎の映画館だから当然「封切館」ではなく「二番館」。話題の映画が少し遅れてやってくる。約200人収容する大きめな劇場とその半分ぐらいのスペースの2スクリーンあるので常に2本の映画がかかっていた。でも不入りが常態化して、誰もが「よくやってるよな」と唯々同情だけを集める存在に成り下がっていたのも事実だろう。同情するくらいならもっと利用しろよって話だよな。
ニュースによれば、映画もフィルム(アナログ)からデジタルデータ化の時代となり、配給元からデジタル機器への転換を迫られているとか。今さら多額の設備投資は困難ということが引き金となったらしい。たしかにシネマコンプレックスの運営を可能にしているのはオールデジタル化。設備は新しいが人は少なくて済む。不採算を理由に何もかもが消え去ってしまうのが田舎の宿命なのか、、、。悲しいね。
我が町にも一時は3つもあった映画館はとっくの昔に消えた。

toyog201231500.jpg



豊劇での笑い話。
上映中にお客さんがトイレに立った。お客はその人だけ。映写室が「トイレですか?じゃ、ちょっと止めときますねーっ」と言って映写機を止めたとか止めなかったとか、、、。

都市伝説かもね、、、。でもココなら大いにあり得る話だ(笑)。


何れにしてもその伝説についに幕が降りる。
さよなら、豊劇!


PS
最後の上映作品は「山本五十六」と「ALWAYS 三丁目の夕日 '64」
きっと、思い出したように人が押し寄せるぜ、、、。遅いっちゅーの。






【2012/03/15 21:22】 時事問題 | track back(0) | comment(0) |

list 天体ショーなう

夕方、月がとっても○○だったので(笑)、思わず写メ。
FBでつぶやいたら、何と今夜は『皆既月食』とのこと、、、。

17:30頃 (iPhone 4にて)
381087_191302887625557_100002375404764_387494_1486207791_n.jpg

おっ、欠け始めたぞ、、、。
21:50頃 (iPhone 4にて)
392667_191381187617727_100002375404764_387666_1454027873_n.jpg

何と幻想的。美しい、、、。
23:10頃 (コンデジ Lumix FX77にて)
381065_191411547614691_100002375404764_387715_327583622_n.jpg

23:30頃
P1010058001.jpg

あれ?雨、、。けっこう激しい。あらら、何という幕切れ。
0:50頃
392231_191492564273256_100002375404764_387873_82101814_n.jpg


お店は「鬼門」のサタデーナイト(笑)。
ゆっくりと天体ショーを堪能させて頂きました。

日本全国で同じ「月に願いを」込めて、、、。
素晴らしかったぁ、、、パチパチ!






【2011/12/11 11:02】 時事問題 | track back(0) | comment(0) |

list 「G」の落日

昨日、ジャイアンツ清武GMが記者会見まで開き、公然と球団会長を批判した。
前代未聞、天下の独裁者・ナベツネに堂々反旗をひるがえすクーデター的行動。球団社長兼オーナーが「会長支持」を表明し、清武GMは孤立無援の孤独な反乱者と化した。単なるお家騒動で終わるのか?
まあ、世の人たちにナベツネ支持者はいないだろう(笑)。
「もういい加減引っ込め!」というのが世の声だと思う。

昨日、清武GMの会見後、MBS「ちちんぷいぷい」で興味深い指摘をしていた。

NTVkabyka001.gif

これは昨日の「日本テレビ」の株価の推移。
株に詳しいわけではないが、急激に500円も値を下げたのに大引け(15時)ではすっと値を戻した。不自然極まりなし。異常とも言える推移に専門家はインサイダー取引を疑う。
朝9時に前場が開き10時ちょうどに値を下げ始める。11時~12時半まで休憩。後場が開いたと同時にまた下落。しかし13時には値を戻し始め、記者会見が始まった14時からは上昇一途。大引けでは綺麗に戻った。
多分、10時頃に記者会見が開かれることが知らされ「何事だ?」と憶測が飛び交ったが、13時頃に会見の中身がリークして「大したことなし」の見方が広まったのではなかろうか。「・・ぷいぷい」の解説者は「こういう会見は市場が閉じてから行うべし」と批判した。
確かに情報を利用してこの推移を予測出来るなら、短時間で巨額の利益を手にする者がいて不思議はない。

まさかとは思うが、、、。




どちらにしても「」の落日は疑いようがない。

「独裁者」は引き際を見失うと哀れだ。
我が町にも似たような例がある、、、。





先日のTV「ほこ×たて・カニの達人 vs カニかま」の動画サイト発見
こちらから





【2011/11/12 15:05】 時事問題 | track back(0) | comment(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。