list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list 「kurakuraのおと」

クドいようですが、、、(笑)



現在は「KuraKuraのおと」を書いています。

よろしければご覧下さい。









スポンサーサイト
【2015/11/18 22:55】 近況 | track back(0) | comment(0) |

list 「KuraKuraのおと」始めます

新ブログ「KuraKuraのおと」始めました。

f.jpg

こちら




【2014/10/03 00:48】 近況 | track back(0) | comment(0) |

list KuraKuraと10年、、、

20140927001.jpg

この日記を書き始めて丸10年。
毎日更新!と意気込んでいたけど、最近は随分ペースが落ちました(笑)。

10年ひと昔、という言葉は既に死語に近いと思いますね。
インターネットが始まり、世界中に情報伝達の革命をもたらした。携帯電話もほとんどがスマホに変わり、高速通信回線が整備され、メールやチャットはますます我々の生活に入り込み、今やSNS全盛期。10年前から思えば異常な進化とも言えます。

それをブログ更新を怠る理由にするつもりはないけど、ついつい長文を練って大きな主張を携え書かなければ、という思いは強まっていました。
思いつきのようなつぶやきを、ついつい簡単に発信することが日常となったことへの「戒め」にも似た気持ちがそうさせていたのかもしれませんね。

ここで日記の筆を折るつもりはありませんが、ひとまず休憩。
休みが長くなるのか短くなるのかは今はわからないので、終わります、とは言いません(笑)。


そこで、リニューアル?
違うスタイルの日記を綴ることにしました。
自分でも楽しんで無理なく続けられるような、、、(笑)。

ただいま準備中。
近日中にスタートします。
よろしくお願い致します。





【2014/09/27 14:38】 近況 | track back(0) | comment(2) |

list お客さん目線

夏が終わる。

変な時期に台風が来たり、大雨が降ったりで、当初の冷夏予想は当たったようだ。しかし、こんな小さい島国に予想を超えた大雨が降ると毎度毎度とんでもない災害が発生する。家を流されたり、またその集落ごと流されたりしている様子を見るにつけ、ここは災害列島だと思いを新にする。我が日本海沿岸地域は「津波に無縁」と言われ続けて来たが、先日、国土交通省などの有識者検討会で、地震による日本海沿岸部の津波発生予測が具体的に試算され「無縁ではない」ことが指摘された。まあ、常に自主防災意識を高く保ち、危機管理は怠るまじということだ。

災害列島でありながら「観光立国」を目指すという我が国。それは我が町も同じ。近隣の地域もみな同じだ。いずこも同じことを目指すから、各地様々な工夫で観光客を取り込もうと熾烈な競争になる。名勝、名物、名産品にB級グルメ、各種イベント、お祭りにフェス、、。同じように同じことを考えているだけでは独自色を失う。ただ独自色に走り過ぎると一過性のゲテモノに終わってしまうこともある。世の状勢は、ほんの20年前と比較してもかなり変化している。「少子高齢化」が叫ばれて久しいけど、本気でそれに対応した戦略に転換できているのか疑問だ。昔は家族連れが海水浴にどっと押し寄せていたが、あの夏の風景は既に夢のあとだ。「観光客20%アップ」を公約に掲げた新首長に具体的施策は未だ不明。過去の栄華にすがっても、夢うつつの世界を彷徨うのみ。夢うつつと言うなら「今年の夏はハリーポッター(USJ)にやられた」とでも言い訳するのかな?(笑)
国内のお客さんを奪い合うことに成長の芽がないから、国は観光立国をめざし海外からお客さんを呼ぼうと戦略を立てる。「インバウンド」(外国客)という言葉がこの田舎でもようやく語られ始めたが、この但馬(特に城崎)でも確実に増えている外国人客を何故もっと我が町にも引き込まないのか?引き込むような態勢作りをしないのか?とことん不思議でならない。


7月に友人たちが休暇を利用して遙々東京から遊びに来てくれた。
香住に2泊、城崎に1泊したのだが、我々夫婦も彼らと共に観光客になり切って数日過ごした。初体験のジオカヌーや城崎の外湯巡りも実に新鮮だった。地元を知っているつもりでも観光客目線で見ると驚くほど発見が多い。
周辺の環境、施設、街の空気、、、宿の設え、接客、食事、、、。もちろん再発見して喜ばしいこともあるが、正反対の部分もある。贔屓目に見てもガッカリすることの方が多かったのが残念だ。

宿泊業界の人達は地元の同業に宿泊することなどあまり機会がないかも知れないが、試しに一度如何だろう。せめて同じ商圏(例えば山陰海岸ジオパークのエリア)を歩いてみるくらいはするべきではないだろうか。自画自賛をやめろとは言わないが(笑)、問題意識がある方々ならば発見は多いはずだ。

「高ビーな姿勢」と「こだわり」は似て非なるもの。紙一重。主観的な満悦を封印して、たまにはどっぷりお客になって自らを省みるのが肝要。「客観的」と言うコトバは客の目線で観ることをいう。サービス業のイロハである。観光立国への道程は容易くない。

ボクは、相手のシゴトにプロ意識が感じられないとお金を捨ててる気分になる。
もちろん自戒も込めて、、、。



81678939944_n.jpg866144147_n.jpg
883919640236_n.jpg82038748529_n.jpg
188331305_n.jpg57613924_o.jpg

                    Special Thanks to Real★★★





【2014/08/30 00:23】 近況 | track back(0) | comment(0) |

list 演劇的思考力 (その4)

我々チームは、まず登場人物設定からダメ出しを喰らった(笑)。

急用でメンバーを1人欠くことにもなり、5人設定で練り直し。

父母、些細なケンカが原因で母がプチ家出。父はマスターの元部下。脱サラして始めたこのBARの最初の客がこの夫婦でもある。その夫婦関係修復に、この店でアルバイトしている娘とマスターがひと肌脱ごうとする。母が待ち合わせのため突然来店。待ち合わせ相手はホストらしい。母とホストと合わせないよう時間稼ぎのため母を外出させようと画策。ホスト来店。図らずもそこに父も来店。事情を全く知らない父に何とか作戦を伝えようとするがうまくいかない。母、店に戻って来る。全員ハチ合わせ。マスター、どうにか交通整理を試みるが失敗。何とか昔話でねじ伏せようと語るが、娘がついにキレる。マスター、家族3人を帰路につかせ、幕。
    ・・・という流れにすべく

バーのマスター (父の元上司)
その店のバイト (娘)
男性客 (父)
女性客 (母)
女性客の待ち合わせ相手 (ホスト)

という登場人物で、どうにか決着。

しかし強烈なダメ出し。
「あなたたちは私の講義で何を聞いてたの?でも、ある意味、典型的な良い生徒(笑)」とまで言われてしまう。

読まれた方はもうお気づきだろうが、この設定だと「困ってる人」はマスターだ(笑)。マスターが独りであたふたしているだけで、家族は誰一人困っていない。その上、娘が「外部」の人間になっている。

① この場合、バーは「セミパブリックな場所」として不適当。
② 不倫?男女の問題は「共通の困難」として扱いづらい。
  (個人的な悩みや心情に舞台劇に向かないということ)
③ 15分、5〜6プロット程度に盛り込む情報を欲張りすぎ。
④ 何を伝えたいか、ではなく「何を伝えないか」が重要。(観客の想像に委ねる)

最初から、この点で間違いを犯していたのだ。しかしイチから練り直す時間もなく「これはこれでセリフを工夫すればやれなくはない」との助言を受け、、、
ホストの男が偶然にも娘の高校の先輩、で久しぶりの再会、というエピソードを加え、娘がホストを強引に連れ出すプロット。マスターと父のプロットに外出させた母を戻らせてケンカを仲裁するプロットを加え、ラストはマスターのモノローグで幕。
、、、とマスター中心に修正してどうにか最終日朝、直前ギリギリで台本が完成。チームの皆さんの名演技にも助けられどうにか発表出来た。笑いも取れた(笑)。マスター役は不肖私、、、w

ボクは店の営業もあるので途中勝手をさせてもらったが、後の皆さんは、聞きたい講座や参加したいワークショップなどをほとんど棒に振って、これに集中させてしまったようだ。でもその分、得るものがあったなら、それはそれでよしとせねば、、、。それにしても集団で台本を書くのは難しいし大変!二度はやりたくない(笑)。

反省点は色々あるが、とにかく「場所」「背景」「問題」の設定ありき。
そこで人を引きつけるものがないとダメ。
シンプルさも大切。
5〜6プロット、15分、、、ここを書き切る。

それ以来、ずっと「ネタ」探したり、これまで観た芝居、テレビドラマ、映画をこのモノサシで検証している(笑)。

現実の問題を「芝居」に置き換えるのは不謹慎だが、「内部」の抱える問題を解決するのが「外部」という構造は興味深い。そこには、現実に生きる我々が学ばなければならない構造も潜む。演劇的に思考することは大いに楽しい。





発表を終えて大会の残り少ないプロクラムを何とか楽しむべく、岩松了氏の講演会に滑り込んだ。話の中で「東京乾電池」の台本を書いていたという話が出て来た。東京乾電池が人気が出始めた頃、ボクも何回か渋谷の『ジャンジャン』に通ったことがある。面白くもないギャグがテンコ盛りで、筋立てなどなさそうなハチャメチャな芝居だったが、ちゃんと台本があったんだと驚いた(笑)。
考えて見れば、今回お世話になった平田オリザ氏はボクの3つ年下。東京乾電池だったり、つかこうへいの芝居、夢の遊眠社、唐十郎の赤テント、、、同じ様な演劇体験を経て現在があるのかも知れない。そう思うと、彼のライフワークに共感せざるを得ない思いがある。サビつく前に己の細胞を活性化せねば、、、刺激の4日間だった。

7893224190389_n-1.jpg
オ・マ・ケ (笑)





【2014/06/22 18:13】 近況 | track back(0) | comment(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。