list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list モスクワのラバ

横浜時代、メニューに「モスコー・ミュール」と書いていたらアルバイトスタッフから「マスターこれって『モスコミュール』の間違いじゃないんですか?」と言われたことがある。当然のことながら、大学生のクセに何言ってんだ、と叱り飛ばしたのは言うまでもない(笑)。

Moscow Mule・・・横文字で書けば一目瞭然。

直訳すれば「モスクワのラバ」
ラバ(騾馬)は馬とロバの合いの子。力仕事が得意な頑強な家畜。転じて「頑固者、強情者」を示す。つまり「ガツンと来る」飲み物というイメージか。
氷を入れた銅のマグカップでビルドするロングカクテル。

一般的なレシピは

ウォッカ45cc
ライムジュース適宜
ジンジャーエール(ジンジャービア)
ライムを飾る

このカクテルの始まりには諸説あるようだ。大量に仕入れたジンジャービアの在庫を何とか減らすために考えられたとか、ウォッカメーカーの販売促進戦略とか、、、。まあ、ウォッカは無味無臭でカクテル全体の味わいを左右しないし、市販のジンジャーエールで作れる手軽さは人気を得るに十分だろう。ジンジャービアは日本にはないが、ジンジャーエールとの違いは、発酵による微量のアルコールを含むか含まないかの違い。ジンジャーエールは生姜味の炭酸飲料。バーによっては、生姜汁にハーブやスパイス、シロップを独自に調製して原液を作り、それを炭酸で割る「自家製ジンジャーエール」に挑む店もある。それと、通常のタンブラーではなく「銅のマグカップ」を使うのが本来のスタイルとされるのもさしたる必然性はない(笑)。考案者の友達が食器屋で、銅マグを販拡したかった、ぐらいの話だろう。でも、一度これで飲むと、グッと感じる冷え冷え感の虜になるのは間違いなし。

さて、以前、博多・中州の某バーに伺った時、自家製のジンジャーウォッカで作るモスコーミュールをお店の目玉にされていた。店に入るとシングルモルトがビッシリ並んだド迫力のバックバーももちろんだが、店の至る所に置かれている生姜が詰まった保存ビンの数にも驚いた。聞けば、長崎産の高級生姜をウォッカで4ヶ月漬けるとのことで、何とマスターの自宅にもビッシリ保存されているとか、、、。ウチの店でもいつかチャレンジしたいと思っていたら、豊岡で「生姜で地域興し」をしている地区のことを知り、さっそく買いに行ってみた。

26653432286_n.jpg

それは見事な生姜で、その名も「こうのとり生姜」(笑)
オトナ買いしてこのとおり、、、何と、ウォッカが3本も入った。

68815908_n.jpg

5月の初旬に漬け込み始め2ヶ月。イイ感じに漬かったようだ。
そして、ついにスペシャル「モスコー・ミュール」解禁。

0851640316928_n.jpg

ライム以外に生姜のスライスも入ります。

生姜の効能は良いことずくめ(笑)。

・冷え性改善
・免疫力を高める
・風邪の初期症状の緩和
・鎮痛作用
・吐き気の緩和
・消化・吸収能力をアップ
・便秘解消
・むくみ防止
・消臭予防
・コレステロール低下


今後、当店にご来店の際は、まず「モスコー・ミュール」から!(笑)
夏バテ防止、解消にもよさそうですよ。






スポンサーサイト
【2014/07/06 14:03】 cocktail | track back(0) | comment(0) |

list モヒートの夏

いつの間にやら梅雨も明け、灼熱の夏。
都会の方じゃハイボール人気も落ち着き、この夏は「モヒート」が流行だとか。

ご存知の通り、モヒート発祥の地はキューバのハバナ。
グラスにミント葉をふんだんに入れて軽く潰し、砕いた氷とラム酒を注ぐ。甘みを付けたりソーダで割ってもOK。現地では店ごとの「モヒート」があるらしい。

20120720001.jpg

ベースをラム以外の物に替えるのは亜流だが、リキュール類などに替えて色々なモヒートを楽しむのもアリ。

RIMG0335.jpg

フランス製のウォッカ「グレイグース」に生の洋梨で香りを付けた「グレイグース・ラ・ポワール」は、そのままストレートやオンザロックで飲んでも絶品の酒。ラムをウォッカに替えるのはどうかとは思うが(笑)、それでモヒート。予想通り超絶品(笑)。是非!

キューバ発祥のカクテルには「キューバ・リブレ」もある。この表記は実は英語とスペイン語のちゃんぽんで、英語に統一すればキューバ・リバー、スペイン語ならクバ・リブレとなる。元々は19世紀末、スペインの植民地支配から独立するための米西戦争に勝利したことを記念して生まれた。名前は当時の「Viva Cuba Libre」(キューバの自由万歳)という合言葉に依る。独立を助けた米兵が自国から持ち込んだコーラと地元の酒・ラムを混ぜて「Cuba Libre!」と叫んで乾杯した瞬間こそこのカクテル誕生の瞬間。


暑いときは都合良く暑い国の人に成り切って楽しみますか、、、。
それが我々の良いところ(笑)。



【2012/07/20 20:46】 cocktail | track back(0) | comment(1) |

list Hot Buttered Rum

寒い日には温かいお酒が恋しい。
日本酒の燗酒も良いが、洋風のバーらしくホットカクテルといきたい(笑)。

ホットカクテルというのは意外に「何でもアリ」で、ウイスキーなどのお湯割りはもちろん温かいミルクなどを使えばバリエーションも広がる。例えばカルアミルクを温かいミルクで作れば「ホットカルアミルク」となる。

昨日のブログでホットラムと書いたが、オススメは「ホットバタードラム」


角砂糖 1個
ダークラム
お湯
バター
お好みで丁子(クローブ)やシナモンを加える。


温かいラムに砂糖もバターも入るなんてカロリー高そうだが、凍えそうな身体はもちろん寒い心も一発でハイにしてくれる。レシピもシンプルで、グラス(耐熱)やカップに材料を順々に注ぐだけ。寒い時に時間的に待たされるのは最悪。さっさと作ってもらってさっさと暖まりたいのがホットカクテルの鉄則。

P1010427.jpg

このように最後に入れたバターの塊が溶け、ラムの酒気が飛ばないように「フタ」となる。フタの部分に丁子をたくさん浮かべて、そのアロマに癒されながらラムを喉の奥に流し込むのがボクの好み(笑)。

お湯をミルクに代えれば「ホットバタードラム・カウ(cow)」となる。


お好みのラムでぜひお試しを、、、。






【2012/02/03 22:13】 cocktail | track back(0) | comment(0) |

list スリーマティーニ

「マティーニ」しか飲まないお客様。

ウチの店では、という意味だが、毎回「美味いっ!」と仰って頂きお代わりを頂戴する。

昨夜は4杯。
恐縮至極。

通常何もリクエストが無い場合は、マティーニだけはジンをビーフィーターにしチンザノドライを合わせるのだが、昨夜は「ちょっと力強い感じで」とのリクエスト。
ジンをゴードンにした。

ニューヨークのマンハッタンでは「スリーマティーニランチ」といって、昼食にマティーニを3杯飲むらしい。それには、マティーニ3杯までならお酒を飲んだことにはならない、とか、世界を相手にする名うてのビジネスマンならランチにマティーニを3杯くらい飲まなきゃ、という意味だとか言われるが、まあスジの通った理由ではないことは確か(笑)。

ジェームズ・ボンドのマティーニ好きも有名。00(ダブルオー)に成り立ての新米時代を描いた「カジノロワイヤル」ではオリジナルレシピのマティーニを注文したが、後々は「ウォッカマティーニをシェイクで」を定番としている。ボク的な解釈だが、母国のロンドンジンを使わず、敵側のウォッカを使い、しかもステアではなくシェイクさせるところが彼一流のシャレだと思っている。

P1000246.jpg

マティーニは「カクテルの王様」と呼ばれる。
何故そうなのかは、マティーニを好む人にしかわからない。




熱帯夜にこそマティーニ。


【2010/07/21 19:52】 cocktail | track back(0) | comment(0) |

list 「・・もどき」の日々

飲酒運転の罰則の強化は、我々「お水」業界にとっては「大ブレーキ」とは何度も言った。
受難の時代はいつまで続くやら、、、。
まあ、いつものボヤキは程々にして、、、。

ウチでも、お客さんに「ノンアルコールビール下さい」とはよく言われる。すっかりそういうシロモノが市民権を得て、何のはばかりもなく店の冷蔵庫でハバをきかせるご時世が嘆かわしい。
もちろんそんなもんウチにはありません。
しかし「ワザ」を売り物にする当店にとってノンアルコール「カクテル」なら真面目に取り組んでしかるべきアイテムだ。
シャーリーテンプルだとかシンデレラだとかサラトガクーラーだとか、古典的な「ノンアルコールの定番」はそれなりにアリ。その上「定番のカクテルをノンアルコールで作る」という路線も、こういう素材があれば広がりを見せる。
きっとどこかのBARで目にしたことがお有りだと思うが「MONIN」と書かれたボトルの数々、、、。一瞬、リキュール?と思ってしまうが正体は「シロップ」。現在ウチにあるのは15、6種類だが、メーカーのラインナップは当然もっとある。
これがスグレものなのは、リキュールとして存在するものに合わせたアイテムであるところ。ライチやブルーベリー、ピーチ、カシスはもちろんだがグリーンバナナやカンパリ「もどき」まであるのが念が入っている。シロップと呼ぶより「ノンアルコールリキュール」と呼ぶ方がピッタリかも。つまり、完全にリキュールの代用品として用を成し、単純に「○▲風」が出来てしまうというワケ。
シロップがバーカウンターを占領してしまうのもどうかと思うが、これも「試練」と、にこやかに笑って「もどき」作りに追われる今日この頃、、、。
P1000172.jpg
「モナン」と読む、おフランス製。
シロップだとて、ヘタな酒より「いいお値段」なのでありマス。
【2007/11/17 23:08】 cocktail | track back(0) | comment(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。