list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list 天才の反抗

間もなくソチオリンピックが終わる。

オリンピックの度に「採点競技」には気分が重くなる。
特に冬の大会では、過去に何度も不自然で偏った採点が勝敗を左右してきたし、観る者をその度にシラけさせてきた。これほどまで不公正なジャッジを見せつけられると、もはやオリンピックはスポーツの祭典でも何でもなく、国の経済力を背景にした政治ショーに成り下がっていると思わざるを得ない。そもそも大会の招致の舞台裏からして公正ではない。大会を実現するには相当な費用や運営力が求められるのは必定だが、それを上回る経済効果を期待するがあまり、各候補地は常軌を逸した裏工作に人もカネもかける。出場選手は謂わば商品扱い。経済効果を最優先するあまり、全てを金儲けの尺度でしか扱えない風潮はどうなんだろう?どこを切ってもカネカネカネ、、、。「オリンピック精神」など既に絵空事か?

「オリンピックには魔物が棲む」とよく言われるが、政治ショー、経済ショーに巻き込まれたアスリートたちの困惑や苦悩が、実力の発揮に影を落とすからに他ならないと個人的に解釈している。自分の努力と才能で出場権を勝ち取ったにも関わらず、必要以上に国の威信を背負わされて「お国のために闘え!」みたいな風潮にも違和感を感じざるを得ない。今回、我が国でもナショナリズムを煽る発言がやたらに増えて閉口する。ホント呆れるわ、、、。

0431_o.jpg

女子フィギュアスケート。浅田真央のフリープログラムは圧巻だった。
ショートプログラムで出遅れたのでメダルは叶わなかったが、メダル争いから解放された天才の、本来の「芸術品」を見せてもらい、その完成度に感動し涙が流れた。ウチの店でお客さんが「何度も観たい演技だったよね」と仰っていたが、本当にその通り。一点のほころびもなく、繰り出す離れ技の数々は完ぺきに決まり、それが音楽とピタリ寄り添いあってドラマチックな一つのうねりとなって我々の心に迫って来る、、、。
まさに何度も繰り返して観たい「極上の芸術」だった。

政治ショーと言えば女子フィギュアこそ毎大会「疑惑」が囁かれる。
今回の採点にも不可解な部分は多い。贔屓目ももちろんあるが、今回も浅田選手だけが得点を意図的に抑えられている気がしてならない。ショートブログラムにしても、確かにジャンプに2度失敗はあったがそれにしても厳しい採点。

score2076544.jpg

ここからは全くボクの推測なのでお断りしておく。

フィギュアの採点が毎回不公正で、色々なウラ事情やスキャンダラスなことまで我々にまで漏れ伝わって来るぐらいだから、当の現場でやっている人達はもっとグサグサ感じているはずだ。それでもメゲずクサらず演技し続けなければならない選手たちは何を思うのだろう。このドロドロした状況に敢然と立ち向かったのが浅田真央ではないか?
バンクーバー五輪では渾身の演技が認められず、不本意な低得点。しかしライバルは異常と思えるほどの高得点。そこまで得点差があるとは思えない「怒りの涙」が前回彼女が流した涙だった。その後4年間は「正当な評価」を受けるため基本から始めた試練の日々だったと思う。しかし今大会でも前回同様の不公正なジャッジに変わりがないことを知った彼女は絶望した。ショートプログラムでの集中力を欠いた演技はそんな心情が作用したのではないか。しかし、このまま終わったのでは負けイクサ。試合には負けても、真の勝負に負けるワケにはいかない。本来の自分を表現して、観客と一体となる!・・・原点に戻ること。
「自分にしか出来ないこと」に挑む!そこに戻れば何かが伝えられる!

彼女の意思は一点に固まった。
天才少女と呼ばれて久しい彼女は一夜にして完璧に原点に戻った。
そして「彼女にしか出来ない」あの演技、、、。

しかし、そんな演技も得点は抑えられ当日では3位、、、。でも観る者が感じたのは「NO.1」な彼女。浅田真央にしか成し得ないパフォーマンスは、世界中の人々の心に深く刻まれた。演技を終えた彼女が流した涙は、彼女にしかわからない「天才の涙」、、怒りや不満を超越した「真の勝者」の涙だった。

天才の無言の反抗。
真の勝者の涙に触れて、腹黒いオトナたちは何を思っただろう?
さあ、天才からのクエスチョンにどう答えるというのか。



P.S
味付けを忘れた白菜漬けはキムチにも程遠く、既に誰の心にも残っていない。





何か急にラフマニノフのピアノ協奏曲第2番の株が上がったね(笑)。
古くはマリリン・モンローの「七年目の浮気」で有名になった曲。

5780_n.jpg01497389_n.jpg

新旧お気に入りの2枚。
左は、往年の巨匠ルービンシュタイン、1971年の録音。
バックはオーマンディー/フィラデルフィア管。
右は、現代の名手ツィメルマンと小澤征爾/BSOの共演、2000年の録音。


しばらくは、この曲を聴く度に真央ちゃんのあの名演技が蘇る。
良い選曲だったね。






スポンサーサイト
【2014/02/23 10:58】 主張 | track back(0) | comment(0) |

list めずらしい人生

2013年、大晦日、朝、ベーコンの燻製をしながら、、、。

今年の日記を見ると、何と25日しか書いていない。
これを楽しみにしてくれている人たちにも既に見放されているだろうな(笑)。
来年の抱負は「毎日更新」
尊敬する或るお蕎麦屋主人の日記のように、毎日欠かさず写真と一言だけでも堅実に記していきたいと思う次第、、、。

さて、今年一番最初に書いたこと。
巳年ならではの「脱皮」
ボクとほぼ同世代が世の中のリーダーとなりつつある件も書いた。政権がJ民党に戻り昭和29年生まれの首相が誕生した。我が町にも昭和36年生まれの町長が誕生した。会社で言ったら二代目三代目という世襲社長も同じ世代に多いことだろう。「家は三代目で潰れる」という格言があるように、潰れるにはそれなりのファクターがある。以前から言っているようにその一つが「創造力放棄による思考停止」と思う。先代が歩んだ既定路線を守ることから中々脱皮できず、新しいものや考え方に踏み出さない、踏み出せない現象。戦後の混沌から復興を目指した先代、先々代の創造力を今の世代に求めても酷かも知れないが、市場や環境、生活の変化の常に先を行く創造力はいつの時代も求められる。反省と創造の繰り返しが必要だ。
しかし、世の流れはどうしてだか「保守」に傾いている気がして仕方ない。ある種「違和感」を感じる日々は変わらない。先日の「特定秘密法案」にしても「武器輸出三原則見直し」にしてもだ。政治が右傾化して戦争に向かってる、とは思わないが、同盟国の武力に加担することを国際貢献と信じ、経済の隆盛を相変わらず「軍需」に求める古典的な思考が根底にあるワケで、何も新しくはない。
我が町の政策も「昔はよかったな、あの頃に戻ろうよ」と言ったところで、現状の分析がなければただの懐古趣味。相変わらず「イベント打って観光客呼ぼう」では誰も振り向かない。

株価が上がったとホクホクしてるのは一部の人たち。こんな田舎では何のミクスも遠くの花火。今さら突然の右肩上がりなどウソ臭い。ならば、ハデなだけで一発で萎んでしまいそうなバブルを期待するより、ジワジワと時間をかけて築き上げる戦略でいいじゃない?ウソをつかずズルもせず、本当に納得出来る良いものを創って売る。新しいことを発想出来なくても原点に帰ることは出来るはず。売るモノは「物」でもあり「者」でもあり「もの」でもある。解釈は色々、ご随意に、、、。

ま、世の中のことをウダウダぼやいても仕方ない(笑)。
まずは足もとから、、、。
お店で提供する食材を一つでも多く自家製化を目指す。
既に、サラダに使うチキンのスモーク、パスタに使うベーコンが新たに「自家製」と名乗れるようになった。
12年目を迎えた店は、相変わらず忙しいとは呼べない状況で、一喜一憂の日々に変わりなし。ま、どのみち独り営業。ボチボチやっています。


今さらだけど、大好きなKANの歌の歌詞、、、
「おわりある人生 一番大切なことは 愛する人に愛されているかどうかということだ」ってのがあるんだけど、今年はそれをじんわり感じた一年だった。理解のない人を追いかけて、首根っこまで捕まえて説こうとは思わない。そんな時間はもうない(笑)。理解してくれる人たちにより理解されるよう努める。
ウチのようなお店のスタンスもボクの人生もズバリそれに合うと思う。


さっ、ベーコン出来たかな?

DSCN1028.jpg




皆様にとりまして、来る年が希望ある年になりますことをお祈りしております。

お店は、年末年始休まずやっております。







【2013/12/31 11:21】 主張 | track back(0) | comment(0) |

list 悼・天野祐吉様

天野祐吉さんが亡くなった。

だいたいボクは、世の「文化人」と云われる人達の大半は信用していない。恐れ多くてね、、、(笑) しかしこの人は別。この人の言葉はどれも心に浸透した。テレビで聴く言葉も文章で読む言葉もだ、、、。特に文章が好きだ。簡潔明瞭、言い得て妙というヤツだ。その上シャレが利いてて品がある。斜に構えているようでも、純粋な熱意もある。いいよな〜。
きっと、ご専門が「広告」なので、短い宣伝文句の中に籠もる、狙いの鋭さや射程距離の長短を瞬時に吟味する能力に長けているからだろう。
その時代時代の広告から、当時の世の中や生きる人間たちが透けて見えるとよく仰っていた。


最近の話題は何と言っても「表示偽装」
飲食業界ではある時期から、扱う食材・素材の差別化、特定化が求められ、それをメニューに表示することがトレンドとなった。

「◎◎県産」「▲▲港産」「■■直送」「有機××」

産地や生産方法、生産者を表示するのはきっと「食の安心安全」を求めるのが目的だったはずだろう。やがて競争激しい外食業界では「素材にこだわり、そのこだわりをアピールすることがお客さんの心をつかむ」風潮が激化。その精神は間違いではないのだがエスカレートし過ぎると、、、

「▲▲の◎◎さんが無農薬にトコトンこだわった××のシャキシャキサラダ」
「▲牛と◎豚の夢の共演!シェフが丹精込めて手ごねした絶品ハンバーグ」

・・・みたいなネーミングのメニューが世の中に溢れることとなるワケだ(笑)。

ネーミングで料理の内容を「ことさらに」引き立たせようとするのはウチの店でも大いにヤル手だが(笑)ウソはダメ。お客さんと店は信頼で成り立ってる。シャレで許せる程度の誇張ならまだしも、実はシェフは「丹精込めて業者に注文した」だけ、では笑って済まされないし、お客さんを惑わせるような表示もシュミじゃない。ボクなんか「▲▲の◎◎さんの・・」って聞いただけで「誰だよそれ?」って思うけどな(失礼)。だって作るところ見てないし、見ず知らずの人には違いないんだから、、、。

天野流に言えば、料理のネーミングが「広告化」しているってこと。で、内容で競うはずの料理が広告合戦になっちゃってるもんだから、つかなくてもいいウソついたり、書かなくて良いことまで表示しちゃう。

ま、ここらで皆さん反省して、原点に帰れば?
「ラーメン」とか「野菜サラダ」とか「ナポリタン」とか、、、(笑)
何十年ってシンプルなネーミングでやってるところでも、ウマい店はちゃんと知ってるじゃない、皆さん。
でも、お店側はお客さんを裏切っちゃいけません。自戒も込めて。



いい広告ってのは「言葉」じゃなく「声」が聞こえるんだって(笑)。
2013111101.jpg2013111102_edited-1.jpg

バレないと思ってもウソはいけませんよ
2013111103.jpg




※ちなみに上の3画像は我が町内のものです




【2013/11/11 20:34】 主張 | track back(0) | comment(0) |

list ならばすぐ植えよ

富士山が世界文化遺産に登録されたのは記憶に新しいところ。
当初、距離的に離れすぎているという理由で「三保の松原」が除外される勧告がなされていたが、関係者の熱心なロビー活動が稔り、駿河湾越しに臨む三保の松原の文化的価値が認められ、勧告をくつがえし一括登録を勝ち取るに至った。その一番の功労者は当時の文化庁長官・近藤誠一氏を於いて他にない。

正式登録名は「Fujisan, sacred place and source of artistic inspiration 」
日本語表記「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」


この7月で長官を退任された近藤氏が豊岡に来られ講演されることをポスターで知り、是非ともお話を聞きたくて出かけた。物静かな語り口で一言一言に含蓄があり、永らく外交官やユネスコ大使として日本の外交に尽くしてこられた経験を伺うに余り在るお話だった。実はこの講演会が、来年春に城崎に開設される「城崎国際アートセンター」のプレ事業であることを後半のパネルディスカッションで改めて知った(笑)。

DSCN0858.jpg



順に解説。

「城崎大会議館」という施設。元々兵庫県が作り城崎町(現在は豊岡市)に貸与されている大きな箱モノ。1000人収容のホールと約30人分の宿泊施設が併設されているが、老朽化もあり豊岡市に無償で払い下げられた。しかし利活用の方法にも苦慮し取り壊しも検討されたが、存続させ「AIR」(アーティスト・イン・レジデンス)としてリニューアルされることとなり、いよいよ来春「城崎国際アートセンター」としてスタートするのだ。

17322228.jpg

で、アーティスト・イン・レジデンスとは何か?
各種の芸術制作を行う人物を一定期間ある土地に招聘し、その土地に滞在しながらの作品制作を行わせる場所。

このレジデンス事業には国から助成がある。これは昨年から施行された「劇場法」(※)による。この法整備を成し遂げたのが当の近藤氏なのだ。現在「AIR」は国内に約50箇所あり、内20の施設が文化庁から助成を受けているが、城崎は国内でも最大規模の施設となるらしい。これは国内に留まらず世界的に見てもアーティストにとって魅力大で、とりわけ「温泉地」というバリューは決定的だとか(笑)。
今回パネリストで参加された劇作家の平田オリザ氏は、劇場法施行にも尽力されたお一人だが、この城崎のプロジェクトにも深く関わるキーマン。この施設オープンに際し、ここで新作を制作し、フランス人俳優を起用して世界初演することや、日本劇作家協会の大会を開催することを決定した。

具体的にいうと、国内外から演劇(劇団)、舞踊(舞踊団)、音楽、美術等のアーティストがここに一定期間滞在し作品を制作する。作品や作家を通して「城崎」という存在を世界中に拡散させブランド力を高める狙いがある。

しかし、モノがアートなだけに集客力や認知度アップに関して即効性に乏しい。気長に続けることが大切と近藤氏はクギを刺す。志賀直哉の「城の崎にて」を凌駕するようなブランド力を構築するためには苗木をじっくり育てる気概が不可欠で、近藤氏は3つのポイントを挙げられた。

①先進性があり、精神的柱となるリーダーが必要
②文化、芸術に造詣の深い芸術監督が必要
③住民の理解や寛容性が必要

①は町長や市長。②は現場を掌握出来る優秀なプロデューサー。③は得体の知れないヨソ者を受け入れる寛容な気持ちを持つ努力。

この提言は、今回の事業のみならず「町興し」全般に対する教訓でもあるのではないか?一過性の盛り上がりはライフタイムが短い。もちろんそういうイベントも必要だが、大切なのは中長期ビジョン。「城の崎にて」からちょうど100年。向こう100年間通用するブランド作りには、もう「たまたま」とか「思いがけず」とか偶然はあり得ず、必然の上に成り立つことが歴史を確固たるものにする。

平田オリザ氏の言葉が印象的だった。
「地元の人たちは自分たちの街の魅力をよくわかっているように思っているが、ヨソから来た人間は地元民が気づかない部分に魅力を発見する。異分子を受け入れる寛容さが大切。」

全く同感。
お隣豊岡市の観光施策は、市長が提唱する「小さな世界都市」を目指し、一本筋の通ったコンセプトに沿って実に戦略的だ。比べると我が町には恥ずかしくなることばかり。我が町では未だに「地元のことは地元の人間が一番知ってる。わざわざヨソの人間に教えてもらう必要はない」と世界認定されたジオパーク推進事業にすら理解を示さない要人が多い。そもそもヨソの人たちから学ぶということは、即ちお客さん目線でものを見たり考えたりすることではないのか?
お客さん目線も持てず観光立国だって?観光客を増加させるだと?
ちゃんちゃらおかしい。的外れな己を省みるがよい。

要人には猛省を促したいね。もっと他人に学べよ。でなけれは、せめて邪魔だけはするなと言いたい。




そして、近藤氏は最後にこう締めくくられた。

かつてユベール・リヨテというフランスの将軍が、庭に樫の木を植えたいと庭師に言ったところ、庭師は樫は成長が遅く、植えてから大木になるまでに100年もかかると言って難色を示した。しかし将軍は「それだったらなおのこと時間を無駄にしてはいけない、今日の午後すぐ樫を植えなさい」と命じたという話を思い出します。皆が短期思考に流されがちな今こそ重要なエピソードです。




賢者の言葉は的確だ。
賢者の言葉から何も学べない愚者はいつまでたっても愚者のまま。




※『劇場、音楽堂等の活性化に関する法律』(平成24年法律第49号)
通称「劇場法」

全国にホールはたくさん出来たが、実際には有効にフル活用されているとは言いがたく、宝の持ち腐れになっている例も多い。そこで「観るだけの劇場」から「創ることのできる劇場」へと可能性を広げるべく施行。これまで無かった補助事業のメニューも設けられた。




【2013/09/24 15:14】 主張 | track back(0) | comment(0) |

list 営業努力

夏本番を迎えて、例によって暑い日々、、、。

熱中症にならぬよう、クーラーをかけろ、とか、水分を補強しろと言う。一昔前は「クーラーは身体に悪い」とか、暑い最中運動する子供に「安易に水を飲むな」と我慢を強いる風潮だった。生活のための方法論が、医学的科学的に進歩するのは素晴らしい。しかし、それなのにやたらと人が倒れるのがどうも不思議でならない(笑)。昔より確実に地球は温暖化しているのか?他人の言うことを聞かないガンコな高齢者が自滅する話は悲劇としか言いようが無い。
昔からクーラー大好き人間な自分にとっては「熱中症になるくらいならクーラーかけろ」とお墨付きを頂くのは大いに結構。しかし、その分電力会社にお金を余分に払うのはシャクだ。
先日の日記に「今年の夏は節電の目標値がない」と書いた。それが何故だか調べてみると、昨年は原発が突然動かせなくなり、代替の発電手段の段取りがつかなかったため「使うな!」と大号令をかけた。しかし、今シーズンは、止めていた火力発電所等をガンガン動かしているため料金回収に躍起。「電気ドンドン使えよ!」ということなんだそうな。原子力は効率よく発電出来るけど火力はコストが余計にかかるからと電気料金はさっさと値上げ。さらに新しいエネルギーの開発費まで上乗せしてホント楽な経営だな〜(笑)。この連中に「営業努力」という言葉は無く、要するに「親方日の丸」的なんだな。いつまでたっても福島第一原発の事故に当事者意識が無く、危機感ゼロの腰抜け対応を見る限りそれは明々白々。ま、それもそれ、行政と連動する公益企業。まさに原子力事業は政治主導の国策だった。それを強引に奨めてきた事への「オトシマエ」は未だ誰もつけようとしない。今回の選挙でJ民党を圧勝させたことでますますそれがうやむやになることが確定した。

思えば最近「親方日の丸」的組織の腐敗の状況はクソのクソだ。
相撲界、柔道界しかり。ズブズブなていたらくは目も当てられない。

最近「日の丸」を見るたびに暗〜い気分になる。
この上、憲法改正にまっしぐらとなるなら「日の丸」が別なモノに見えてきそうで怖いよ。


P1000545.jpgP1020355.jpg
P1020668.jpgP1000570.jpg

こんな日々もあったよね。季節は巡るよ、、、。






【2013/07/26 01:18】 主張 | track back(0) | comment(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。