list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list 反省すれど、学べず。

競馬ファンたる者「有馬記念」を獲って新年を迎えたい。
馬券の収支もあるが、終わりよければ全てよし、というワケだ。

・・・4コーナー最後方から、当時若武者と呼ばれた河内洋の乗ったヒカリデュールが光芒一閃差し切りを決めた有馬記念。それが我が「vs 有馬記念」のスタート。
ボクにとって今回で27回目の有馬記念。
通算成績はけっこうよくて比較的相性の良いレースとも言えるが、大好きだったトウカイテイオーの1年ぶり出走→復活勝利を読み損ねたのが、悔やんでも悔やみきれぬ我が最大の汚点だ。
2500メートルという長距離戦なので、スピードはもちろんだが相当のスタミナを要求される。だからか菊花賞馬の活躍が多いのもポイント。それと有馬記念のキーワードは「復活」とか「リベンジ」とよく言われる。凡走を繰り返して来た実力馬がついに地力を見せる例が多い。イナリワン、シルクジャスティス、グラスワンダー('98)の復活は読み切った。

で、今回である。

1. 「必ず荒れる」・・・不景気の時は、必ずJRAが注目度を上げるため大レースで「高配当」を演出する。
2, 「馬券売上をアップさせるJRAの戦略を読み切る」
 ・・・メイショウサムソンに武豊→オグリキャップの復活をダブらせる戦略。5枠に外人騎手が同居→外人騎手は良績。ダイワスカーレットの外枠→人気の逃げ馬を不利な外枠に入れてハンデを課す。
3. 「牝馬の勝利?」・・・牝馬の勝利は37年ぶり。ヒシアマゾンで2着。あのエアグルーヴですら3着。しかしウオッカがダービーや天皇賞を勝ち、空前の女性上位時代。

誤解の無いように言っておくが、レースは普通に不正無く枠順が決められ、ガチンコで行われているのかも知れない。しかし、そんなことはどうでもよい。独りよがりと言われてもよい。「何か」手がかりをでっち上げて推理するのもファンの特権。要は馬券が獲れればOK。
我が競馬の師匠曰く、
 
『●▲記念』と名の付くレースは「お祭り」である。
マジメに行われないから高配当必至だ。


結論
◆今回は荒れる。
◆標的にされる牝馬(ダイワスカーレット)は2500mを逃げ切れない。
◆牝馬は牝馬でももう1頭の「カワカミプリンセス」ではないか、、、?ダイワスカーレットと未対決。無敗で秋華賞まで制し、続くエリザベス女王杯で1着になりながらも進路妨害で降着。故障などで昨年は頓挫したが、今年復帰し秋2戦は復活の気配を漂わせる。「復活」のキーワードにも叶う!

相手は「エアシェイディ」
あの壮絶な天皇賞・秋で差の無い5着。今回も人気薄で後藤が無欲の一発を狙う。



結果はご存じの通り(笑)。

ダイワスカーレットがこんなにもスゴい馬だなんて、、、。
名立たる牡馬を引き連れてハイペースで2500mを逃げ切るなんて、ホントに貴女は強かったんだねぇ、、、(脱帽)。
カワカミプリンセス。3コーナーまでだったけど「いい夢」見させてもらったよ、、、。

思えばこの1年は、こんなことの繰り返し、、、。
反省しても学習しなけりゃ意味はない。

P1050490.jpg
2009年はどういう年になるのやら。
ハイペースで逃げ切れるか、、、。
それとも、復活?リベンジ?



皆様にとって、来る2009年が良い年でありますようお祈り申し上げます。


「佐平治の蔵」は2008年は12/31まで、2009年は1/1より通常営業。

スポンサーサイト
【2008/12/29 11:57】 競馬 | track back(0) | comment(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。