list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list オセロゲーム

衆議院選挙は予想通り、与党がこてんぱんに負けた。
これで、あの口のひん曲がったペラッぺら男の顔を見なくて済むと思うとホッとする。

我々の中に途轍もない鬱憤が溜まっていたことが、圧倒的なカタチで表れた。
特に「小選挙区制」だと、白か黒か二者択一の選択に偏るため、まるでオセロゲームの圧勝パターンになってしまう。これが怖いところだが、これだけのインパクトで「政権交代」が選ばれたのだから「ちょっとM主党にやらせてみるか、、、」といった中途半端な選択ではないことを新与党は自覚せねばならんだろう。
選択した我々も「■▲センセーにお願いしておけば安心だから」とか「与党がシゴトを運んできてくれる」「田舎はホジョキンが命」といった他力本願のおねだり体質から脱しなければならない。そんな時代はとっくに終わっているのに、未だに旧態依然として時代が読めてないのがここいらの地域の悪いクセ。
我々田舎もんには「自立」が求められているのだ。

日本全体が「自浄」に向いているのに、我が町は相も変わらずJ民党候補礼賛。それも、実行力も見えぬ世襲議員に何を期待するというのだろうか、、、。
世の中の流れが変わろうとしているのに、この町はとことん取り残される。
ホントの意味で「流れを変えなければ」ならんのに、町長さんは大丈夫?

P1060166.jpg
毎回思うが「比例で復活当選」って何だ?

小選挙区制も比例代表制も旧与党が作った主権者無視の制度。
住民感情に全く合わない。これも改めるべしだ。

P.S
今回、我が選挙区のJ民党候補は落選確定だった。
比例区でM主党は候補者全員当選に加えさらに2議席得るはずだったのに候補者が足らなかったのと、Mんなの党が得た比例1議席は、候補者が重複候補で小選挙区の得票率が規定に満たないため認められず、宙に浮いた3議席はJ民2K明1に割り振られることに、、、。
比例で復活!というもののそんなお粗末な理由で、ギリギリ転がり込んだ議席だということを知っているか?
お恥ずかしい「タナボタ議員」ってワケだ。
こんなのアリか、、、?


スポンサーサイト
【2009/08/31 12:19】 主張 | track back(0) | comment(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。