list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list 絶滅危惧種

★中州にて part 2


2軒目は昨年もお邪魔したお店。

P2220065.jpg

P2220066.jpg

例によって、名物「モスコミュール」から、、、。
昨年は酔いもあって(笑)、ピンボケ画像しか乗せられなかったのでリベンジ。

P2220068.jpg

1軒目で飲んだバルヴィニーの余韻を大事にしたかったので、ジンをロックで頂く。
マイルドなジン、とリクエストしてチョイスされたジンは、ゴードンの「スペシャルドライジン」。これはイギリス国内にのみ販売されているタイプとか。スペシャルドライと言うわりには通常のゴードンより少しさっぱりした味わい。いいチョイスだ。

ここのもう一つの名物は「カツサンド」
こういうバーに専属の料理人を雇うことの難しさはどこの店でも悩みのタネ。昨年は運良くコックさんがいて作ってもらえたが、その後またコック不在でお料理メニューを縮小されたと聞いていた。
「カツサンドはしばらく封印ですか?」と訊くと「最近入ったスタッフが作れるようになりました」とのことで早速オーダー。

P2220070.jpg

特製「カツサンド」 変わらぬ絶品!
これも昨年はピンボケだったので(笑)、、、。

作ってくれたのは、入店してまだ数ヶ月の女性スタッフ。とにかくカツサンドを上手く作れるようにと猛特訓させられたらしい。バーテンダー志望という彼女には常にオーナーの厳しい視線が飛ぶ。いろいろ伺うと、募集して40人近い応募があったそうだが、男子は使えそうな人間が1人もなく「女性の方が根性がありますね」と彼女が採用されたそうだ。キビキビ動く彼女がとても清々しい。しかしオーナーは「まだまだ全然です」と甘くない。

P2220071.jpg

柔らかいアイラ、、、チョイスされた「ブナハーブンの30年」
30年と聞いてドキッとしたが「リーズナブルですよ」とニクいフォロー(笑)。
もともとブナハーブンはアイラの中でも目立たぬ存在で、ブレンドに回ることの多い銘柄。30年なのにいたって爽やかだった。

昨年も書いたが、ここはとにかくウィスキー類、特にシングルモルトの品揃えが素晴らしい。ボクみたいな人間にはたまらない空間だが、だんだんハードなお酒を好まぬ草食男子が席巻する世の中になって、この先こういうお店はどうなって行くのだろう。そのあたりをオーナーにぶつけてみた。

「いやぁ、お若い方、とくに男性はダメですね」
「ウィスキー、飲みます?」
「そういうお客様は絶滅危惧種です」
「ええーっ?九州男児ですらそんなダメダメなんですか」
「ダメダメです(笑)」


我々の課題は、絶滅危惧種の保護と繁殖促進、育成ということらしい。
このお店も息の長い存在であって欲しい。






スポンサーサイト
【2011/02/25 13:51】 | track back(0) | comment(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。