list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list トワイスアップ

音楽のことしか書いていないので、たまにはお酒の話を(笑)。

NHKの朝の連続ドラマ。この秋からの次作「マッサン」は、日本のウィスキーの父と呼ばれるニッカの創業者・竹鶴政孝の奥様がモデルのストーリーとか。
スコットランドに渡り、本場のウィスキー造りを学び現地で奥方を射止め帰国。文化の違う東洋の国で、幾多の障壁を乗り越え洋酒造りに奮闘するご夫婦の物語ってところかな?
今や「BAR」でウィスキーを注文するお客は絶滅危惧種とまで言われている昨今(笑)、ウィスキーを含めBAR業界も色めき立つこのドラマの企画!実に楽しみ。

GWですね。
たまにはBARに出かけてウィスキーでも如何?

ウィスキーには色々な飲み方があります。
最近はハイボール(ソーダ割り)が流行っていますが、普通は水割りやオンザロックかな?と思われる方が多いと思います。そこで一度お薦めしたいのが「トワイスアップ」お酒と水を1:1で割って飲むスタイルです。氷は入れません。でも、最初からこちらで混ぜてお出しするのでは面白味がありません。

DSCN1429.jpg

この写真のように、お酒と常温のお水を別々にお出ししますので、まず一口ストレートで味わってみて下さい。いきなりガツンとパンチを食らった感じも、お酒との対話としては「有り」の場面です。次に少しだけ加水してみます。水を加えると、そのお酒本来の表情が表れると言われています。ガツンと来ていた香りが少し和らいで、本来の香りがより克明になるというイメージです。1:1にするのはあくまでお好みで結構。そうしなければダメという規則はありません(笑)。
シングルモルトなどは「香り」も当然お値段のウチ(笑)。グラスに蓋(リッド)を付けてお出しすることもあります。

DSCN1430.jpg

さあ、秋から話題になりそうな竹鶴ウィスキー。今からバッチリ予習といきますか?(笑)

201443004.jpg201443005.jpg

ニッカには蒸留所が2箇所あります。北海道「余市」と宮城「仙台」です。それぞれの名前がついた『余市』『宮城峡』はシングルモルトウィスキー。シングルモルトの定義は「麦芽(モルト)原料を使用して仕込み、発酵させ、1つの蒸溜所で蒸溜した原酒だけをブレンドしてつくり上げたウイスキー」。「余市」は余市蒸留所だけで造られた原酒ということです。◎◎年は樽詰めして寝かせた年数を示します。同じ「原酒」でも右側の写真の物は「シングルカスク」と呼ばれる物。カスク=樽、ラベルをよく見ると樽の番号が入っていますが、要するに一つの樽のみから取り出したお酒そのもの、ということでまさに「原酒の中の原酒」アルコール度数は高く、概ね60度前後。樽ごとに違います。シングルモルトの定義の「・・・原酒だけをブレンドして、、」というくだりは、同じ年代の複数のカスクを混ぜ合わせて味を調え、加水してアルコール度数も一定にする、ということを意味しています。
では『竹鶴』はと言うと、ラベルには「ピュアモルト」と表示されています。これは「バッティドモルト」とも呼ばれ、複数の蒸留所で造られた同じ年代のシングルモルトをブレンドしたことを示します。ニッカの場合、余市と仙台で造られた原酒をブレンドした物、と言うことですね。まさに「ウィスキーの父」の名を誇る、優れたブレンドが成されたお酒です。
ついでに説明すると『バランタイン』や『オールドパー』などは「ブレンディドウィスキー」です。ブレンディドはモルトウィスキーだけではなくグレーンウィスキー(トウモロコシ、ライ麦、小麦などが主原料)もブレンドします。お客さんに説明するとき、よくコーヒーに例えます。「ブレンドコーヒー」もブレンダーの腕の見せどころですよね。

ニッカの銘酒。ぜひ「トワイスアップ」で!





先日、豊岡に粋なBARがオープンしました。
他の店の宣伝するのも何ですが(笑)、気に入ったお店にはぜひ皆さんにも行って欲しいし、BAR文化振興のためにも大いによろしいかと、、、。

201443003.jpg201443001.jpg

その昔は銀行で、最近まで市役所の分所として使われていたレトロな建物がプチホテル等にリニューアルされ、その地下に出来たのが、カウンター8席の「BAR1925」 実にステキな空間です。

201443002.jpg

お菓子の神祖・田道間守(タヂマモリ)が祀られている豊岡の地を象徴して、タチバナ(日本古来の柑橘)を使ったモヒートはココでしか味わえないオリジナルなカクテル。これはハズせません(笑)。モルトもそこそこあるし、バーテンダーは確かな知識と技術を持った方。話題も豊富です。
ようやく豊岡にもまともなBARが出来ましたよ(笑)。

皆様、ぜひお立ち寄りを、、、。




スポンサーサイト
【2014/04/30 19:39】 お酒 | track back(0) | comment(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。