FC2ブログ

list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list ブバリアを飾って

bbb19560606.jpg

彼女はブバリアが好きだった。
ブバリアは小さくて可憐な花。デリケートでけっして頑丈なイメージはない。
おおよそ彼女のイメージとは逆の感じだ、、、。

ボクより3つ年上。
しかし出会った時は既にお母さんであり、お店の奥様だった。
ボクはそのお店に学生時代を通じて9年もお世話になった。
そして今のボクがある。

お店は36年続いた。
もともと彼女もお店のアルバイト。
お店の歴史ほとんどに彼女のオーラがあった。

お店はもうない。
新しく建て直すために昨年取り壊され、リニューアルに向かっている。

P1240085.jpgRIMG1601.jpg

そんな最中、彼女にガンが見つかった。しかも既に末期、、、。
昨年1月に伺ったときはまだわかっていなかったのだ。
変わらぬ笑顔だったもの、、、。


彼女は昨日朝、突然旅立ってしまった。
新しいお店の完成を見ることなく、、、。

新しいお店は、息子に託されている。
ボクが初対面の時、2歳だったジュニアはもう33歳。


「息子を応援してね」

最後となったメールにそう書かれていた。

あなたの残した財産の大きさは、間違いなく次世代に受け継がれる。
心配ありません。


自分の人生が55年で終幕するなんてきっと予想していなかったと思う。
好奇心旺盛、向学心も旺盛で何にでもチャレンジする人だった。
遅くに出来た娘さんも結婚が決まって、新しい時間がたくさん出来る所だったのに、病魔が一気に奪い去った。
きっと、それは「ある意味」神様のステキな決断だったのかも。最後はいろんな意味で孤軍奮闘の日々だったから、、、。
そう思いたいです。



お疲れ様でした。
白のブバリアがお好きだったけど、あなたの名前のブバリアを見つけました。
野辺のおくりにこの花を手向けます。

安らかに眠る、なんてあなたには似合わない。
世界が変わってもあなたらしくご活躍下さい。
また、会いましょう!

c54cab0e.jpg




スポンサーサイト
【2012/02/11 23:23】 近況 | track back(0) | comment(2) |
comments

list 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/03/03 21:25】 | #[ 編集] |

list Re: タイトルなし

コメントありがとうございました。

先日伺った時、お元気にご活躍とのことお母様より聞きました。
ご無沙汰ですね。

是非皆様でこちらにもお越し下さい。
お目にかかるのを楽しみにしております。
【2012/03/04 00:53】 URL | saheiji X #-[ 編集] |
please comment













管理人のみ

trackback
trackback url
http://kura2.blog67.fc2.com/tb.php/891-efc2ee6e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。