FC2ブログ

list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list さよなら豊劇

先日、映画館に行く楽しみが日常的でなくなった、、、と書いてしまったが申し訳ない書き方をしたと反省。何度かこの日記にも登場した「豊劇」(豊岡劇場)はお隣の豊岡市にある映画館。兵庫県北部では現存する唯一無二の映画館だ。しかし今月末でこの映画館も閉館となるらしい。その歴史たるや85年、、、。いよいよか、、、と言う思いは強い。それは、行くたびに他のお客の姿はほとんど無く、貸切状態で観ることも珍しくなかったからだ。
こんな田舎の映画館だから当然「封切館」ではなく「二番館」。話題の映画が少し遅れてやってくる。約200人収容する大きめな劇場とその半分ぐらいのスペースの2スクリーンあるので常に2本の映画がかかっていた。でも不入りが常態化して、誰もが「よくやってるよな」と唯々同情だけを集める存在に成り下がっていたのも事実だろう。同情するくらいならもっと利用しろよって話だよな。
ニュースによれば、映画もフィルム(アナログ)からデジタルデータ化の時代となり、配給元からデジタル機器への転換を迫られているとか。今さら多額の設備投資は困難ということが引き金となったらしい。たしかにシネマコンプレックスの運営を可能にしているのはオールデジタル化。設備は新しいが人は少なくて済む。不採算を理由に何もかもが消え去ってしまうのが田舎の宿命なのか、、、。悲しいね。
我が町にも一時は3つもあった映画館はとっくの昔に消えた。

toyog201231500.jpg



豊劇での笑い話。
上映中にお客さんがトイレに立った。お客はその人だけ。映写室が「トイレですか?じゃ、ちょっと止めときますねーっ」と言って映写機を止めたとか止めなかったとか、、、。

都市伝説かもね、、、。でもココなら大いにあり得る話だ(笑)。


何れにしてもその伝説についに幕が降りる。
さよなら、豊劇!


PS
最後の上映作品は「山本五十六」と「ALWAYS 三丁目の夕日 '64」
きっと、思い出したように人が押し寄せるぜ、、、。遅いっちゅーの。






スポンサーサイト
【2012/03/15 21:22】 時事問題 | track back(0) | comment(0) |
comments
please comment













管理人のみ

trackback
trackback url
http://kura2.blog67.fc2.com/tb.php/895-4fcb8a2b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。