FC2ブログ

list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list Esprit de Four

所用があり2泊で上京した。
初日は台風直撃でいろいろ大変だったが、翌日は台風一過、見事な晴天で久しぶりに朝からあちこち歩き回った。以前あった場所に以前あったものが無くなって全く様変わりしているのにはもう慣れっこになったけど、今回特に感じたのは街からCDショップが消えたことだ。まあ、たまたま以前よく行っていた店が無くなっていただけだろうが、横浜ビブレのHMV、ランドマークの新星堂、関内の石丸、ことごとく姿を消していた。考えて見ればamazonに注文すればほとんど送料ナシで翌日さっさと届く。しかもお安い。店を構えて売るメリットも薄くなっているのは当然か、、、。

Fourplayの新譜を買うつもりで歩き回ったんだけど、結局amazon(笑)。
何にしてもそうだけど、店頭で物を買うことが少なくなった。ネットの方が断然安価だったり、むしろ面白い物が見つかったり、持って帰るのが面倒で送って貰うと助かるというのもある。(まあ、あくまでも田舎視点だけど、、、)物の売れ方や物の流れは確実に変わった。次に都会に来たら、パチンコ屋がさらに街を席巻してるんだろうな、きっと(笑)。

41Fv2zsqJVL.jpg

Fourplay2年ぶりの新譜『Espit de Four』
なぜタイトルがフランス語なんだろう?フランス語はあまり詳しくないが、直訳すれば「Fourの魂」とでも、、、。しかし「Four」はもちろんFourplayのFourなんだろうけど、フランス語では「4」ではなく「窯」と言う意味がある。ボクの勝手な解釈だけど、ジャケット写真を見ると4人がガッチリと手を組み合っているところから、4人の魂が一つの堝(るつぼ)と化している、とのイメージかと思っている。(まとも過ぎ?全然違ったりして・笑)

ギターがラリー・カールトンからチャック・ローブに替わって2枚目のアルバム。実直な技巧派のイメージで、今回も渋いアコースティックギターのプレイが実に心地よい。爽快感が増してFourplayごと若返った感がある(笑)。

6e1d43488c.jpg

実は収録曲の最後に何と松田聖子がVocalで登場する。
昨年11/8の拙の日記でも紹介したが、ボブが東北の被災地を訪れてコンサートを開いた時、地元のジャズバンドに書き下ろした曲「Put Our Hearts Together」(心をひとつに)がこのアルバムに収められていて、インストバージョンとボーカルバージョンがあるんだけど、そのボーカル版を担当しているのだ。取りも直さず震災地へのメッセージには親日家のボブらしい「魂」が込められている。

すっかり風も秋色。
聖子ちゃんの歌声もこのアルバムの聴きどころの一つ(笑)。




スポンサーサイト
【2012/10/06 16:27】 音楽 | track back(0) | comment(0) |
comments
please comment













管理人のみ

trackback
trackback url
http://kura2.blog67.fc2.com/tb.php/916-b433ca04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。