FC2ブログ

list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list 皮膚の構造と働き

皮膚の構造と働きについて説明します。


とうとう気が狂ったのか、と思われた方もおられるでしょう(笑)。一昨日、昨日と2日に渡って神戸まで講習と試験を受けに行っていました。鳴かず飛ばずの飲食業をついに諦め、いよいよ転職か?
いやいや、そういうワケではありません(笑)。

この日記でも度々紹介していますが、カミさんの美容院で使っている美容材料(化粧品)は、神戸に本社のある「アジュバン・コスメ・ジャパン」というメーカーの製品。出来て20年程の会社ですが、その製品のクォリティの高さと、自らに厳しいほど厳格な顧客拡大のポリシーが徐々に浸透し、競争の激しい化粧品業界において成長著しい素晴らしい企業です。
以前ここの製品のことを「ドクターズコスメ」と紹介したことがあります。医学的な側面から身体に悪影響を及ぼさないことは当然のこと、むしろ様々な物から汚染される現代人をより健康に導くような考え方が製品作りに徹底されています。しかし、現代には同じようなことを謳う商品や企業は珍しくありません。実際使用してみてから、、、となりますが、ここの製品は一般のお店やデパートでは買えません。お医者さんに行って、それぞれの症状や体質に応じて薬が出されるように、まず使用者一人一人とカウンセリングして、使用者の情報を得てからケアの方法や製品選びをすることが義務づけられており、それもこの会社が認定する資格を得なければカウンセリングも製品の販売も出来ないシステムを敷いています。その上実践的な専門的知識や技術も必須ということで、理美容院、エステサロンに限定されているのです。ボクはこの企業のその徹底したポリシーに関心を持ち、ここ数年ずっとウォッチングして来ました。そしてこの企業の大ファンになり、今では同じ兵庫県発として誇りに感じるほどです。
で、ついにその思いが余って(笑)、資格講習&試験の初級編ともいえる「ベーシックセミナー」を受けることになったというワケです。(ホントはカミさんが勝手に願書を出したんだけど・笑)

1日目は朝から夕方まで5コマの授業。皮膚の構造と働き、化粧品について、頭皮・毛髪について、活性酸素について、皮膚細胞間情報伝達理論について、、、個人的にピンとくる部分も無くはありませんが、ほとんど全く知らない世界の話ばかり(笑)。複雑怪奇な単語ばかり飛び出す授業が終わったら、深夜まで翌日の試験に向けての自習必至です。ペーパーテストの他に「皮膚の構造と働き」について図を見ながら解説するトークテストもあるので、模擬テストでOKが出るまで帰れません。大変です(笑)。

DSCN0813.jpgimg25b81166zik7zj.jpg
皮膚の断面図がスラスラ書けて、働きを詳細に解説できなければダメ(笑)。

皮膚というのは厚さ約2mm。中は様々な層に分かれていて日々活動しています。毛細血管から酸素や栄養分などを得た皮膚細胞は分裂を繰り返し徐々に皮膚表面に押し上がって行き、やがて角質化し最後はアカとなって剥がれ落ちるのですが、これを28日周期で繰り返しています。しかしそれは健康な場合であって様々な要因でトラブルが起きたりします。皮膚には尿や便で排泄できない老廃物を体外に排泄する機能もありますが、それがスムーズに行われないと健康に関わります。また、分子量1000以下の物を構わず体内に浸透させる働きもありますが、物の善悪を問わず通してしまうので要注意。分子量1000以下というのは、例えば石油などの鉱物油もそうです。これらはガンの原因になる有害物質です。身近にある食器用洗剤や安いシャンプー剤はほとんどが石油から出来ていることを知れば無視できません。製品の成分をぜひ確かめてみて下さい。石油系の原料はコストが安いので多くの化粧品類に大量投入されているのがわかるはずです。男性の方で夏場スーッとするシャンプーを好む方も多いと思いますが、このスーッの素はたいていがアルコール。アルコールは体内から水分を奪うのでとても危険。有害な例はもっともっとたくさんありますが、身体は全身皮膚なのですから異物をつけないことや、皮膚の状態を変化なく一定に保つことが、そもそも健康のキホンのキということなのです。

今世の中には物が溢れています。シャンプーも含め化粧品も溢れています。ハデで豪華なCM効果でイメージが先行する物も少なくありません。イメージ戦略ほど曖昧なものはありません。広告にばかりコストをかけて、物はかなりローコストで作られていると思ってまず差し支えないでしょう(笑)。とにかく安く、たくさん売るというやり方は、当てずっぽうにたくさんの人に買ってもらって、クレームを言ってきた人だけに上手く対応するというやり方です。世の安売りのシステムはたいてい同じ事。危険度を知らずに安価な物に手を出すと後で痛い目にあうのはよくある話ですが、化粧品はトラブルが出ていても気付かず、多少違和感があっても我慢して使い続ける人も多い。それが徐々に体調や体質、健康被害に結びつくことを気付かない人も多いのです。


今後は、皮膚や頭皮・毛髪、活性酸素、IC活性理論についても熱く語れるBARマンとして頑張りますのてよろしく!(笑) 
お悩みのある方ご相談下さい。



えっ?で、試験はどうだったかって?
サクラサク、かな、、、多分(笑)





念のため補足しておきますが、ネットでこの会社の商品を定価以下で売っているサイトがたまにありますが、消費期限切れの古い物を売っている不届き者の仕業です。けっして手を出されないようお気をつけ下さい。







スポンサーサイト
【2013/09/11 18:49】 近況 | track back(0) | comment(0) |
comments
please comment













管理人のみ

trackback
trackback url
http://kura2.blog67.fc2.com/tb.php/943-c9e60124
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。