FC2ブログ

list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list 邦画2作

昨日、今日と邦画2作観た。
もちろん劇場ではないが、、、(笑)。

climbers_high.jpg

映画「クライマーズ・ハイ」

ご存知ベストセラー小説の映画化。
1985年に起きた日航ジャンボ機墜落事故を取材する地元新聞社の一週間を、記事の全権を任された記者と彼を取り巻く人間模様で描くヒューマンドラマ。フィクションではあるが、原作者が「上毛新聞」の記者時代にこの事故を担当した実体験に基づいて書いたものなので、設定もリアルで舞台となる地元新聞社名こそ違うがあとはバンバン実名が登場する。
主演は堤真一。脇役は堺雅人、遠藤憲一、尾野真千子、山崎努、滝藤憲一、等々と言った今をときめく豪華版。監督は原田眞人。
この日記でも何度も書いているように、元々この日航機事故の事故原因に疑念を抱き続けている者の一人としてこの事故を扱う映画と言うだけで興味をそそられる。原作を読んでいないので何とも言えないのだが、、、(笑)。
30年近く時間が経過しても、事故発生から数日間のニュースや新聞報道の様子はボク自身克明に覚えているので、事故発生から時々刻々と状況が伝わるまでの裏の様子は真に迫った。携帯電話も無く、特にこの新聞社では無線機すら導入していない中での現場取材。記事を送るため民家の電話を借りるのに奔走する姿が現代からすれば実にもどかしい。ま、それだけ今以上に「新聞」に価値があった時代ということ。
で、作品の内容だが、脚本はよく練られていて役者の演技も素晴らしいので場面場面は印象的。しかし、全体の構成に統一した「柱」のようなものが弱く、事故原因についても、新聞報道についてもテーマがボケたままで、見終わった後にモヤモヤ感が残りスッキリしないのが惜しい。狙う物が多すぎて「一兎も得ず」というところかな?

半沢直樹のコンビ(堺雅人と滝藤憲一)が出て来て「おー、ここからの流れか」と妙に納得(笑)。

ch_dvd-s.jpg

ついでに、NHKでやったドラマ版(主演・佐藤浩市)も観た。
こちらの方が丁寧な演出で、佐藤氏が珍しく少し抑えめの好演。両方観れば納得ということ?(笑)。



テレビ版「太秦ライムライト」

seizo0000222.jpg

我が町出身で世界に誇る斬られ役「福本清三」氏の、役者生活55年にしての初主演作。
今年夏の劇場版公開に先駆けてテレビ用に編集したものが昨日先行放映された。
東映の大部屋俳優として55年斬られ役一筋に歩んで来た氏への、本人主役によるトリビュートムービーだ。プロデュースしたのは京都で劇団を主宰する方。制作費の調達に苦慮するだろうと覚悟で臨んだところ「福本さんの主演映画なら是非協力したい」というファンや大物俳優たちの反響が物凄く、さほどの苦労がなかったことをご自身のブログで明かされている(笑)。
チャップリンの名作「ライムライト」をベースにしたストーリーが太秦を舞台に展開する。福本氏自身の生き様そのままに進行する物語で、映像が美しくファンタジックな空気すら漂う。斬られ役らしくセリフで多くを語らせず、殺陣や所作でそのオーラを存分に漲らせる演出がとても自然ですっと感情移入出来る。一言二言のセリフにはどことなく香住弁が感じられ、我々にとっては実に誇らしい気分。ご本人を知らないのにこの親近感はちと厚かましいかな、、、(笑)。あまり語るとネタバレになるのでこの辺で、、、。ヒロイン役の可憐さと、ラストの殺陣からオチの部分にかけては涙なしでは居られない。

もともと自治体(京都)のサポートもあるからだろうが、主人公の郷里が京都北部の海が見える街として登場する。我が町はこの作品に何も関わっていないが、役名が「香美山清一」となっていた。現町名「香美」に山を加えるあたりに氏の郷土愛がにじんでいる気がした。

ちなみに「福本」は芸名。本名は橋本さん。

「太秦ライムライト」公式HP


余談。
つかこうへい作「蒲田行進曲」は、当初、老いて落ち目になったかつての大女優が自分宛にファンレターを書き続ける、、、と言う設定にするつもりだったが、その取材のために京都の太秦撮影所に滞在したつか氏は、斬られ役一筋で生きるある大部屋役者の生き様に着目し物語のモチーフを変更したと明かしている。華のある主役俳優のためならどんな危険な役でも買って出る、あの大部屋俳優「ヤス」のモデルこそ福本さんではないかとボクは思っている。それについてつか氏は明言せずあの世に逝ってしまったが「間違いない」と信じているのはボクの贔屓目かな?(笑)








スポンサーサイト
【2014/01/15 23:07】 映画 | track back(0) | comment(0) |
comments
please comment













管理人のみ

trackback
trackback url
http://kura2.blog67.fc2.com/tb.php/952-5331e652
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。