FC2ブログ

list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list モスクワのラバ

横浜時代、メニューに「モスコー・ミュール」と書いていたらアルバイトスタッフから「マスターこれって『モスコミュール』の間違いじゃないんですか?」と言われたことがある。当然のことながら、大学生のクセに何言ってんだ、と叱り飛ばしたのは言うまでもない(笑)。

Moscow Mule・・・横文字で書けば一目瞭然。

直訳すれば「モスクワのラバ」
ラバ(騾馬)は馬とロバの合いの子。力仕事が得意な頑強な家畜。転じて「頑固者、強情者」を示す。つまり「ガツンと来る」飲み物というイメージか。
氷を入れた銅のマグカップでビルドするロングカクテル。

一般的なレシピは

ウォッカ45cc
ライムジュース適宜
ジンジャーエール(ジンジャービア)
ライムを飾る

このカクテルの始まりには諸説あるようだ。大量に仕入れたジンジャービアの在庫を何とか減らすために考えられたとか、ウォッカメーカーの販売促進戦略とか、、、。まあ、ウォッカは無味無臭でカクテル全体の味わいを左右しないし、市販のジンジャーエールで作れる手軽さは人気を得るに十分だろう。ジンジャービアは日本にはないが、ジンジャーエールとの違いは、発酵による微量のアルコールを含むか含まないかの違い。ジンジャーエールは生姜味の炭酸飲料。バーによっては、生姜汁にハーブやスパイス、シロップを独自に調製して原液を作り、それを炭酸で割る「自家製ジンジャーエール」に挑む店もある。それと、通常のタンブラーではなく「銅のマグカップ」を使うのが本来のスタイルとされるのもさしたる必然性はない(笑)。考案者の友達が食器屋で、銅マグを販拡したかった、ぐらいの話だろう。でも、一度これで飲むと、グッと感じる冷え冷え感の虜になるのは間違いなし。

さて、以前、博多・中州の某バーに伺った時、自家製のジンジャーウォッカで作るモスコーミュールをお店の目玉にされていた。店に入るとシングルモルトがビッシリ並んだド迫力のバックバーももちろんだが、店の至る所に置かれている生姜が詰まった保存ビンの数にも驚いた。聞けば、長崎産の高級生姜をウォッカで4ヶ月漬けるとのことで、何とマスターの自宅にもビッシリ保存されているとか、、、。ウチの店でもいつかチャレンジしたいと思っていたら、豊岡で「生姜で地域興し」をしている地区のことを知り、さっそく買いに行ってみた。

26653432286_n.jpg

それは見事な生姜で、その名も「こうのとり生姜」(笑)
オトナ買いしてこのとおり、、、何と、ウォッカが3本も入った。

68815908_n.jpg

5月の初旬に漬け込み始め2ヶ月。イイ感じに漬かったようだ。
そして、ついにスペシャル「モスコー・ミュール」解禁。

0851640316928_n.jpg

ライム以外に生姜のスライスも入ります。

生姜の効能は良いことずくめ(笑)。

・冷え性改善
・免疫力を高める
・風邪の初期症状の緩和
・鎮痛作用
・吐き気の緩和
・消化・吸収能力をアップ
・便秘解消
・むくみ防止
・消臭予防
・コレステロール低下


今後、当店にご来店の際は、まず「モスコー・ミュール」から!(笑)
夏バテ防止、解消にもよさそうですよ。






スポンサーサイト
【2014/07/06 14:03】 cocktail | track back(0) | comment(0) |
comments
please comment













管理人のみ

trackback
trackback url
http://kura2.blog67.fc2.com/tb.php/968-0e656bc9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。