FC2ブログ

list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list 夏枯れ

自慢できる話ではないけれど、毎年6月と7月はお客さんがぐーんと少ないのです。

元々、店に魅力がないのが一番の理由でしょうが、それにしても毎年決まって更にヒマになるのだから不思議です。地場産業の核となるのは「漁業」ですが、紅カニ漁や大型底曳き船の操業は、6月から8月末まで休漁期となります。ならば、普段海に出てる人たちが丘に戻って来るのだから街が一層賑やかになりそうなんだけど、中々そうはならない。普段は多忙を極め、息も抜けない漁船関係者や水産加工業関連の皆さんが「オフモード」になると、それに併せて一斉に慰安旅行や各種団体・組織の親睦旅行が組まれる。6月は毎週末「お出かけモード」なんです(笑)。そんなこんなで7月に入ると、今度は各地区「夏祭り」目白押し。
要するにこの2ヶ月は「物入り」なんですね。で、それに加えて、連日連夜この酷暑、、、。
自分勝手な「言い訳」ばかりこじつけて、6〜7月は早めの「夏枯れ」と腹をくくり、ガマンガマンの日々、、、。
早め、というのは、来月になると里帰りモードに切り替わり、寒村人口も一時急増加する日々を迎えるはず、きっと(笑)。都会のお店は「8月」落ち込むけど、その分田舎が盛り上がる、というワケです。

そんな皮算用をしながら、自転車操業は続きます。



話は変わりますが、、、

以前、ブログに少し書いたことがありますが、ボクは休みの日に外食するのを楽しみにしています。
楽しみとするのももちろんですが、外食業に関わる者のハシクレとして、外食業界に「お金を戻す」ことが一つの仁義と思っているからです。それが正しいとか、そうあらねばならぬとか言っているのではなく、あくまで自分の流儀にほかありません。この流儀を学ばせてくれたのは横浜での日々。歩いて行ける程度のけっして広くないエリアにBARも含め飲食店が星の数ほどある街。同業者たちはお互いもちろんライバルでもあるけれど、お互い触発し合い、一種の共同体のような同胞意識があった。休みの日には「檀家回り」と称してお互いの店に行ったり来たり、、新しく見つけたお店を紹介し合ったりもして、、、。今となっては、そんな感覚を懐かしく思います。今でもそんな不文律が廃れてなきゃいいけれど、、、。
自分的にはそれを忘れないためにも、気になるお店には出来るだけ行ってみたい。気に入ったお店には何度も足を運びたいものです。

まあ、現実には、行きたいお店が同じ定休日だったりすることが多くて残念なことも多いのですが、、、(笑)。


IMG_2625.jpg

この時期になると毎年決まってミントが枯れてしまいます。
「モヒート」の夏は早々と終わってしまいました。悪しからず。

そうそう、気に入った作品をゲットしました。
大好きな「カリラ」を描いた、BARにこそ相応しい水彩画です(笑)。

IMG_2619.jpg







スポンサーサイト
【2018/07/19 21:56】 近況 | track back(0) | comment(0) |
comments
please comment













管理人のみ

trackback
trackback url
http://kura2.blog67.fc2.com/tb.php/975-d428670c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。